ダメです、呼びかけに応答しません!(わんこが)
本当にただの日記。

年末年始に実家帰省。正直な所、帰省せずに休養したかったんだが諸事情あって仕方ない。

01/02から千葉市科学館で「HAYABUSA」上映スタートなので、帰省せざるを得ないなら両親をどうにか連行しようと

「02日が初日で、監督さんと縁があって(これは誇張表現)、ここ(実家)から最寄り駅までの交通機関が脆弱だから、申し訳ないけど連れていってくれないか」


という言い回しで籠絡寸前までいっていたのに。
予告なき姪っ子ちゃん襲来で計画がおジャン。姉ちゃん、そりゃねえよ。それにこっちだってお前さんに渡すモンがあったんだから、来るなら事前に知らせてくれよう。

さて、子供というものはたいがい動物を構いすぎるものである。
実家のくーさんは姪っ子相手だと諸々我慢してくれる柴犬ではあるが、普段の生活が静かであるだけに(そう、あの家は平穏になったのだ。適切な医者に見せればこうも変わるのか!)姪っ子の相手はたいそう疲れるものであるらしい。
うん、気持ちは解る。解るからそんな目でこっちを見るな。私だって可能な限りは労力を引き取ってるんだ。

で、姪っ子が帰った後に爆睡したままぴくりとも動かないくーさん。
耳を触っても反応しない。
冬毛でもっふもふな尻尾を触っても動かない。
前足の肉球をいじくっても動かない。
チャップリンよろしく「犬枕」やっても動かない。
注:耳、尾、脚は犬にとって「触られたくない場所」です。
  信頼関係にない犬のそれらの部位に触れるのは避けましょう。
  最悪の場合は噛まれます。

呼びかけに一切の反応を返さず、白目むいたまま気絶したように眠る犬というのは初めて見た。
……よく頑張ってくれましたくーさん。お疲れさま。
でも「散歩」の一言で跳ね起きますかくーさん。まさか狸寝入りでしたか。いくら私がいつも「黒ダヌキ」と呼んでいるとはいえ。
おいぬさま | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | by すばる
得意顔


夏帰省 散歩を終えた黒ダヌキ

……なぜにそんなににっこにこなんだね明智君。

※背景にファンヒータがありますが夏です。ちょいと磨いてました。
おいぬさま | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | by すばる
大神やってみたい
カテゴリは「おいぬさま」。

探査機「はやぶさ」の擬人化絵を描いてらっしゃる ALUMI 氏のブログで以前「大神」というゲームが話題に出たことがあります。
# ブログ内検索ができなくて該当エントリをすぐには出せなくてごめんなさい

主人公が神格を持つ犬ないし狼であるらしく、7歳の頃から犬とつきあっている(ゆえに時々「犬不足」を起こす体質の)身としてちょっと興味を持ちました。
最近になって具体的にどんなゲームなんだろうと思い、公式サイトや Amazon のレビュー、ついでにファンサイトなど見る。

素直に驚きました。
ファンサイトなら「好き」という表現が出るのは当然ですが「キャラクタが愛されてる」なんて話じゃない。
作品世界まるごと愛されてる。
いや、作品世界に敬意を表せば「言祝がれている」という表現が適切か。

「このゲームをやってみたい」と思ったのは何年ぶりやら。
ただ PS2 はおろか TV も持っていないのでコスト面が絶壁となって立ちふさがっています。
しかも私はアクションゲームや格闘ゲームが大の苦手。
ついでの問題点としてはこれをプレイしたら実家からアイヌ語資料を回収しなきゃならなくなることだなあ。私の性格上。

白狼らしくもっふもふにしようとしたらトラになってしまった気もします。がっくし。



耳の位置とほっぺのほふほふを修正。これでイヌ科にはなったか。


『陰陽師』『王都妖奇譚』ないし京極堂シリーズで晴明神社参拝者が増えたという過去の事実を鑑みるに、このゲーム(主人公が「アマテラス」という太陽神。ただし狼)をきっかけに伊勢の内宮(祭神:アマテラス)に詣でた人がいたとしても驚きません。
ぐーぐる先生に伺ってみたらやはり実際にいらしたようですね。
このゲームのラストバトルの演出を思い出してくれさえすれば(苦笑)たとえゲームがきっかけであっても存外「明く清く直く」の心をもって参拝できそうな気がします。
晴明神社もそうなんだけど、境内では「祭神」と「創作におけるそれ」を明確に区別してね。マジで。

伊勢と出雲と熱田さんの三社は行っておきたいなあ。
余裕があれば大神(おおみわ)と熊野も。
注:ただの神社好き。神道の知識は信仰心というよりは神社への礼儀に近い。
おいぬさま | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | by すばる
クリスマス・クッキー
実家の父からメールが届き、すわ祖母に何かあったかそれともいつものように母がおかしくなったかと戦慄しながら開いたら、

くーさんクリスマスバージョン。

件名なし、本文なし。

貴様はスパマーか。

……先日実家に行った時にですね、くーさんと遊んだりくーさんに遊ばれたりしていたんで、私は床に座っていたわけなんですよ。
んで父がくーさんにおやつをあげたわけですよ。
犬用のおやつですから、一緒に床にいた私には当然渡されないわけですよ。

すばるさん、家庭内順位最下位(くーさんより下)決定です。もう私はリビングのソファに座れません。私が座るとくーさんもソファに上がってしまうから。

めそめそめそめそめそ。

ついでにその時は姉と姪っ子も来てて(正しくは姪っ子連れてのお出かけの荷物持ちとして召喚されたんだ私は)、そりゃ姪っ子はまだ小さくて犬がじゃれついたら危ないさ。くーさんは私を見ると「さあ遊べーっ!」って大はしゃぎするから余計に危ないさ。
だからって私とくーさんだけ別室隔離してケーキでお茶始めますかこの家は。
私……犬扱い……?
1人と一匹仲良く並んでガラス戸の前にお座りしてやりましたとも。
ケーキくれくれ光線を並んで出してやりましたとも。

めそめそめそめそめそ。
おいぬさま | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | by すばる
にへ。
2006.02撮影。体重10.2kg。最初の発情期も終わりまして成長期も終了です。洗濯&トリミングしてもらってご満悦らしく、にへらにへらしております。

本やら衣類やら、もろもろ回収しに実家に行ってきました。
SW関連書籍や画集の類は未回収。全部一気に運んだら翌日動けん…の前に今の部屋の物理的容量が…。
まんまと装飾品を回収し忘れましたが、まあいいや。
くーさんは…「人間に話しかけられたら音声で返事する」ことを学習したようです。

「2ヶ月ぶりってのはわかるけど、いい加減に膝からおりてくれないかなあ」
「あう」
「お前、私より位が上だと思ってんだろ」
「あう」

どうも私が死んだとでも思っていたのか、私が家に入ったとたんにきゃうんくうん言いながら突進してきて下さいまして…いや私も何だかんだ言っても会えるのは嬉しいんだけど…「生きてるよね?本当に生きてるよね?」とでも言いたいのかお前はな勢いで人の手をあむあむしまくるのはご容赦いただきたく。マジで。
あと鼻と口を同時に舐められるとこっちは呼吸できませんので…。
おいぬさま | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | by すばる
たまにゃ無意味になごみ系
2005年03月生まれの「二代目クッキー」。

05/03撮影
10/30撮影。体重8.9kg。

順調に巨大化しております。


柴犬って主人以外には愛想ないと聞いておりました。
先代が誰に対してもフレンドリーだったのは父親がシェルティだったからだろうと思っておりました。
どうやら、「我が家で育つと人間大好きになる」(あるいは「人間に愛想売らないと生きていけない」か?)が真実の模様です。
会う人会う人「柴…ですよ、ねぇ?」と聞いて下さるルンルン犬でございます。

わけあって、私はこれの里親探しをやめました。頑張れ、くーさん。
頼むから人の食事中にボールくわえて来て、わざとボテボテと落として「遊べ」アピールするのはやめてください、くーさん。
お願いですから私の膝をデフォルトで座布団にするのはやめてください、くーさん。
私は姫様の侍従でございますか…とほほ。
# とか言っておいて悪い気してないのはお約束ですな
おいぬさま | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | by すばる
Cookie the 2nd
2004年01/07に17歳0ヶ月で他界した我が家のクッキー(写真は15歳半の頃のもの)。
シェルティの父親と柴の母親だったためシェルティの陽気さと柴の好奇心を併せ持ち、だがシェルティの利口さと柴の忠義心は持っていなかった愛すべき犬でした。
こいつ、14歳くらいから急激に日本語への理解能力を周囲にみせつけてたっけ…。


んで、GWのある日に目覚めたらいたのがこれ。
なんだこれは、と聞くとペットショップで買ってきたと両親。買うくらいなら保健所行って1匹でも救ってこい。
…名前は、と聞くとクッキーだと母。クッキーの名をあいつ以外に与えるのはやめてくれ
…ホントに同じ名前はやめてくれよ、それじゃこの黒いちっこいのを愛するのは私にゃ難しいよ。
おいぬさま | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | by すばる
| 1/1PAGES |