<< 世に言う共依存しやすい人 | main | MythBusters >>
CRフィーバー陰陽師
「紅蓮綺譚」(管理人:安藤保憲氏)の活動終了は大きいなあ。
ファンアート&ファンフィクション系だと盗用防止の観点上難しいとわかっていても「更新がなくとも、既存コンテンツはアーカイブとして閲覧可能状態で存続」していてほしかった。

岩崎先生のカラー画集(自費出版)も「原画の退色が進んでいるので救済できるうちに」と明記されていて、そりゃ10年前だもんね…と思いながらも…何というか、気付いたら何もかもが「過去」になってしまったような寂しさがあります。

# 自分自身、王都コンテンツを全然更新していないのだから何を言う権利もない

2005年の春はSTAR WARSのパチンコ台が出たという話で「どうやって腹と頭を同時に抱えようか」と思ったものですが、2005年12月にサンキョーが「王都妖奇譚」パチンコを出していた、と先日知りました。
(岩崎先生公式サイト、一時期見てなかったからねぇ…)

→ CRフィーバー陰陽師

無論、原作ではなくフジ系列TVドラマのほうです。
# つくづくリソースを無駄にしない会社だね、あそこも。

そういえばドラマは結局見なかったんだっけ。
聞いた話ではドラマ版では将之氏が千早さんに懸想していたそうで(原作者公認とは思っていませんけれど)ちょっと嬉しかったりします。

少なくとも原作を使っていたら「うんざりするほど玉が出ない」台ばかりだったろうなあ、晴明サマの性格を考えると(笑)。
誰か晴明神社にこのパチンコネタで絵馬を奉納するツワモノはおらしゃりませぬか?バチ当たり必至か?
ところでこの台って、ターゲットはどこらへんなんだろう。
ヤマトやエヴァンゲリオンやSWは比較的明確にターゲット像が浮かぶのですが、TVドラマ版『王都』って…そこまでの知名度ないだろ。

【備忘録】
占事略決
まさかオンラインに存在するとは…と思ったら中国語サイトだ!?
※『占事略決』自体が漢文なんで本文閲覧上は多分問題なし。ただし字が原本(があれば)と違うかも。
王都妖奇譚 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | by すばる
スポンサーサイト
- | permalink | - | - | by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://notserious.jugem.cc/trackback/252
トラックバック