<< 夢と知りせば | main | クリスマス・クッキー >>
Fly Me My Heart Name to the Moon

月よ、我らの 祈り 願い、受け取り給え

あなたの名前とメッセージを月へ届けます 〜セレーネ「月に願いを!」キャンペーン〜
元祖はNASAの土星行き便、日本では火星探査機「のぞみ」、小惑星探査機(本分は工学試験衛星)「はやぶさ」に続く第三弾、月探査機「セレーネ」によるキャンペーンは月へあなたの名前とメッセージをお届けします。(注:セレーネ・ミッションに月面着陸は含まれていないので、おそらく名前も月を周回するのみです。LUNAR-A ミッションなら月面にブチ込むペネトレータに名前を入れてもらいたいところ)

FF4オリジナルファイナルパーティメンバの名前を、なんて一瞬だって考えなかったんだからねっ!
んで、結局
Name: Subaru Takeshima
Message: In memory of ORIGINAL Final Fantasy IV.
(※「オリジナルのFF4を記念して」だけど、例えば製作中にスタッフが死去した映画ではエンドクレジットにてこの句が使われることもある)
かい、追悼モードかい!(注:本当にこの文言です、セレーネ様ごめんなさい)
ちなみに登録No.は 000207800016196 でした。おそらく下7ケタが通番かな。

太陽に触れる手を

「ひので」搭載可視光・磁場望遠鏡の初期成果
まずは「黒点周囲のダイナミックな噴出現象」動画の圧倒的な説得力に驚愕せよ。それから本文をゆっくり楽しもう。
松浦晋也のL/D: 小杉健郎先生逝去
太陽観測衛星「ひので」を打ち上げたM-V-7性能計算書の表紙を飾ったパロディラベルはまるで集大成と言わんばかりのネタの仕込みっぷり(ちなみにオリジナルは「於茂登 炎(ほむら)」)。そんな「濃すぎ」なM-V-7で打ち上げられた「ひので」は「望遠鏡 山盛」の、観測機器がぎっちぎちに詰まった「濃すぎ」な衛星。だから初期観測成果だって上記の通り「濃すぎ」。
「ひので」プロジェクトマネージャ・小杉先生が脳梗塞により他界されました。これからなのに。面白い観測結果がもっともっと出てくると期待できるのに。

星のかけらをその手に

復習です。 12/8, 2005 以降.../もう追われる立場に:まるで逆なで...です。
ちょっと今までにないほど「顔が見える」文章になっているのは小杉先生の訃報の衝撃によるものなのか、「はやぶさ2」予算が難しいという話による苦悩によるものなのか。
それとも準短絡状態でヘタすれば爆発するかもしれないバッテリを使わなければならなくなったから、最悪の事態を覚悟してしまったのか。
「もう追われる立場に」の項で強調引用されている部分を見ると、この文章を書かれた方の焦りと屈辱感が見える気がします。確かに部外者の私から見ても「まだこっちのミッションは終わってねえのに無礼な事言いやがって」と思いますが……。(このNASAへの闘争心から見るに、この文章を書かれたのはK先生?)
応援してください、「はやぶさ2」。「はやぶさ」の成果があぶない。

以前にもご紹介しましたが、具体的な「応援」として「財務省にメールしよう」という動きがあります。
また、JAXAi にて伺った話では
JAXA 広報/財務省/文科省/首相官邸/科学技術会議
などに意見するのも力を持つかもしれないとのこと。JAXAi にてご対応下さったお2方、お時間を割いて下さりありがとうございました。

[2006.12.04追記]
12/01付の日刊工業新聞、12/04付のYahoo! ニュース(元記事は毎日新聞)などで「はやぶさ2」計画関連記事が出たようです。Yahoo! については、記事が消えてしまったら毎日インタラクティブで「はやぶさ」関連記事を漁って下さい(2006年いっぱいは探せるようです)。
はやぶさプロジェクトリーダーの川口淳一郎・JAXA教授は「来年度に着手できれば、米をはやぶさ2プロジェクトへ参加させることも可能」と話す。
(強調はすばるによる)
この発言の前後関係はわからないけど、漢だ!NASAに無礼なことを言われたのがよっぽど頭に来ておいでなんだなあ(笑)。
4次元デジタル宇宙プロジェクト、Mitakaをバージョンアップ
イトカワが追加されました!
Mitaka のためにWinマシンを買っても惜しくないのかも、なんて年に3回は本気で考えてしまうわけですよ。

そして人は地上から空を見る

宇宙連詩 SpacePoemChain
「宇宙」をテーマに連歌ならぬリレー小説ならぬリレー・ポエムをやろう企画。文字だけで読むよりも「宇宙連詩ギャラリー」で見るのがおすすめ。
それにしても谷川俊太郎は本当に……なんて言うんだろう、センス・オブ・ワンダーのあると言えばいいのかな、SFで小松左京と星新一が外せないように「地球規模の視野で見る日常」の詩ならこの人は外せないよなあ。
「朝のリレー」とか「二十億光年の孤独」あたりは国語の教科書で見た人もいらっしゃるかと。(あ、「朝のリレー」は数年前のネスカフェのCMのほうが通じるのか)
宇宙&天文 | permalink | comments(0) | trackbacks(1) | by すばる
スポンサーサイト
- | permalink | - | - | by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://notserious.jugem.cc/trackback/342
トラックバック
[はやぶさニュース] はやぶさ2応援メールはまだまだ有効です
10 月末をとりあえずの区切りとしていたはやぶさ2応援メールですが,11 月以降もまだまだ有効とのことで,松浦さんが引き続き呼びかけておられます. 松浦晋也のL/D: はやぶさ2の現状とはやぶさ これから送ってみようかという方もおられるかも知れませんので,リンク
| はやぶさまとめニュース | 2007/11/04 11:06 PM |