<< 集英社のFF4-DS攻略本は12/20発売 | main | 私信 >>
Back to my arms.(「女神」を構成する一人として)
※酔客モードにてご容赦を。わーい、世界が二重に見えるー。

JAXA小惑星探査機「はやぶさ」物語「祈り」−小惑星探査「はやぶさ」ミッションの全貌−
このビデオは、探査機「はやぶさ」による小惑星イトカワ探査のようすを、科学的に正確なまま、リラックスして見ていただこうという趣旨で制作されています。全編をとおして流れる甲斐恵美子さんによる美しいジャズの調べは、「はやぶさ」がまだMuses Cと呼ばれていたころに応援歌として作られたものです。それは、「はやぶさ」を運用する人々、そして「はやぶさ」を応援するすべての人々の思いが女神となって、一人の少年「はやぶさ」の挑戦をやさしく見守るという情景を表現したものです。
どうぞ、ワインでも、ジュースでもコーヒーでも、お好きな飲み物を片手に、ごゆっくりお楽しみください。


ページタイトルに「ミッションの全貌」とありますが、これは私に言わせればミスです(笑)。
本映像は説明作品ではないので、理学面がきれいさっぱり抜け落ちています。
そもそもまだ終わっていないミッションの「全貌」など今出せるわけもない。

ちくしょー、見るのは2回目だってのに通信回復&イオンエンジン再起動のシーンでやっぱり涙出たじゃないかコンチクショウ。
あ、でもお薦めはイトカワ上空を「はやぶさ」が漂っているシーンです。

サイズが「宇宙」っぽくなくて(※イトカワは長さ500m 程度しかないのです)不思議な感覚がしますぜ。
この「浮遊感」は実際に映像を見てもらわんことには説明できません。
それにしても、マシン上で見るのとスクリーンで見るのとは違うわ。
この映像は大画面 or スクリーンでリクライニングシートで見るべきものです。
ノリとしては南の島の浜辺の映像みたいな見方。
(そのくせ、この映像は軌道からスラスタの噴射回数に至るまで実際のデータを元にしてるんだから憎たらしい。さすがに時間は早送りしてます。)

【お知らせ】はやぶさリラックスキャンペーンについて
(11/23〜25を中心に各地天文台で上映イベント開催。情報は上記リンク先にて随時更新)

映像は33分33秒。
2008年春に宇宙科学振興会からDVDが発売される予定ですが、「『はやぶさ』物語」の映像ページではそのDVDに付属される解説パンフレットもダウンロード可能です。太っ腹!!
松浦晋也氏によれば販売 DVD には「祈り」だけでなく
「『はやぶさ』の大いなる挑戦!! 〜世界初の小惑星サンプルリターン〜」、を収録。資料を収めたCD-ROMも附属する。
だそうで、これはもう「はやぶさマニアはお買いなさい」とのミューズのお告げですわなあ。

本映像のBGMは「はやぶさ(MUSES-C)」打上げ前の2002年にリリースされたコンセプトアルバム「Lullaby of Muses」。
『Lullaby of Muses』第2版は「MAHOROBA」という曲が追加。ライナーノーツや解説も追加されてるらしいし、初版買ってないから第2版は買うかなあ。
注:上記リンク先、会員登録画面のパスワード入力欄がマスクされていません。新規登録する場合は背後に他者がいないことを確認して下さい。
(ショルダーハックの危険性についての情報を提供下さった idesaku 氏に感謝致します)
Come to my arms, and lean on my chest to rest your wings.
(『Lullaby of Muses』収録「Back to my arms」より引用)
宇宙&天文 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | by すばる
スポンサーサイト
- | permalink | - | - | by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://notserious.jugem.cc/trackback/467
トラックバック