<< ちょっとでも目を離せないのが宇宙ネタ | main | 「様子見してよかった」なんて言いたくなかった >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | by スポンサードリンク
Wake up, the hero!
FF4-DS が出て早や 10 日。なんだか一ヶ月くらい経ったように思えます。
メールくださった方々、年内にお返事しなくてごめんなさい、松の内にはお返事させていただきます(平謝)。

さて、過日K氏より「ハマれ」指令がでた(というのは勿論私がエントリ書く口実でしかないです、Kさんネタにしてすみません)「仮面ライダー電王」なんですが、

あの黄色い怪人(←ここらへんは世代の都合だ)のスーツアクターさん、20 年前に BLACK & BLACK RX の変身後の姿を演じていたですってーーーっっっ!?

ちょっと待て待て、BLACK & BLACK RX は子供時代の私が唯一燃えまくったライダーだぞ!?バトルホッパー(※1)の散華とかシャドームーン(※2)との最後の決闘(@BLACK。親友としての自我には戻らないという救いなき硬派さよ!)では本当に泣いたんだぞ、RX の OP 曲で熱くならない奴とは友達になれないと今でも思ってるんだぞ!?(3割本気)
※1:バイク(型生命体)。今思うと主人公は彼を溺愛していたなあ(笑)。
※2:主人公の親友。改造され主人公と対等の地位にある者として戦うことに。
   人間時代の「記憶」は持つがその「人格」は消滅している。

そりゃ RX は 前作の硬派な作風からかけ離れすぎて子供心に唖然としたんだけど(主役の性格が前作とは別物だし、ライダーなのに車乗るし武器使うし──当時、ライダーは武器を使わなかったんだ)、それでもあの ライトセイバー リボルケインさばきはめっちゃくちゃカッコ良かったんだぞ!?

電王は「各キャラクタの個性をアクションに反映している」(しかも1人で演じ分けている)というものすごい芸当をやらかしていて、私はその点に尊敬の念を抱いてます。
「スーツアクター、本物のプロフェッショナルだ!!!!」と実際に口から言葉が出たんですから。
それとは異なったベクトルとして BLACK & BLACK RX の「アクションのカッコ良さ」は多分私の永遠のライダー像ですわ。
キャラの個性を反映する必要がないぶん(※3)純然たるアクションが見られるのだ。
いや、本当にすごいんだってば。思い出補正がかかってるかもしれないけど。
ストーリー部分の演技&演出は今見ると噴飯モノだろうけど。

※3:よくよく思い出したら第二形態(バイオ/ロボ)と標準形態とで動きを
   変えてた気がする……

で、20 年の間にずいぶん体型が変わられたわけですが(苦笑)、むしろ現在の体型(と失礼ながらご年齢)でスーツアクションをこなしていることこそプロフェッショナルの証なのかもしれない。



[ 追記 ]
そんなこんな仮面ライダーBLACK、BLACK RX 燃えしていたらなんたるタイミングか、友人の子が「光太郎」と命名された由。
世紀王ご生誕、改めてお喜び申し上げますー♪
あーもーなんかっちゃあ「ゴルゴムの仕業かっ!」と叫ぶようなご子息に……なってくれるなよ。

注:BLACK、BLACK RX の主人公の名は「南光太郎」。
アニメ・特撮 | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | by すばる
スポンサーサイト
- | permalink | - | - | by スポンサードリンク
コメント
次郎さんですね
次郎さんは特オタの間では熱烈に、時としてネタとしても愛されてるスーアクさんです。(ネタ=丸くなった、です 勿論)
電王の桃亀金の中に入られてるのはスーアク界でトップクラスの方々なんで、そういう意味でも非常に嬉しい番組です(笑)
ところで…どうです?はまりそうですか?
| 頭文字K | 2008/01/01 1:24 PM |
> ネタとしても
ネタって(笑)。
やはりスーツアクターさんにも固定ファンっていらっしゃるんですね。
名字でなくお名前で呼ばれてるあたり、本当に愛されてる方なんですねー。

> どうです?
姉ちゃん経由で姪っ子から放映録画DVDを借りて学習中です。
なにぶん 20 年ぶりのライダーなのでジェネレーションギャップの大きさに色々とうろたえてますがハマりかけてる気がします。
ただ、上記の BLACK、BLACK RX のような「燃え」ではなく「キャラクタへの萌え&職人芸鑑賞」に近い感覚ですね。
たった一度の視聴で私に「かわいい」と思わせたあの赤い般若(男性)はやっぱり何度見てもバカでかわいかっこいいです。
(実生活ではああいうタイプは非常に苦手ですが/苦笑)

──というわけで Kさんには責任を取って頂き、いつかカラオケで Double-Action と Action-Zero をご一緒していただきます(笑)。

# 実家で姪っ子に「最初に言っておく!」をやられたので
# 「やっつけてもいいよね?(略)」してあげたら大ウケでした。
# お勉強の甲斐があったというものです(笑)。
| すばる | 2008/01/02 12:12 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://notserious.jugem.cc/trackback/483
トラックバック