<< ウロ覚え選手権 | main | DISSIDIA 関連商品わらわら >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | by スポンサードリンク
まさかの小説化
[2008.11.15]
拙サイト廃墟の FF4 セシル 100 質にて「アニメキャラやらせるなら五右ェ門」と回答したことを思い出しました。
そのまま勢いだけでがーっとかいた落書き、該当の回答に追加しました。
(下記。ご覧の通りの質ですのでサイト更新とは言えません)

「ラグナロクと僕の腕を以てして斬れない物はない!」※蒟蒻(プリン族)除く

ああ、この回答した頃は次元の「肩に力入っていないカッコ良さ」がカインにできるだろうと夢見てたんだっけなあ。

さて。

博香氏経由。
DISSIDIA FINAL FANTASY 公式サイトにて先日の東京ゲームショーにて上映されたムービーが公開されているそうです。
博香氏に伺っていた通り程嶋セシルの演技が FF4DS とずいぶん異なっていますが、それ以上に鹿賀ゴルベーザの「甘いな」が非常に人間臭い演技なのが印象的。
(ついでに FF4DS ではマスクの下から発話しているよう聞かせるために声をこもらせてましたが、今回それは行っていないようです)

roundog 氏経由。
FF4 が小説化だそうです。
手塚一郎(著)、2008/12/25 発売、上下巻 各¥980。
今の所 Amazon には商品情報出ていませんね。
……ま、まあ、ほら、 FF2 小説版『夢魔の迷宮』なんてゲーム本編のシナリオライターさんが書いたのにストーリーがゲームと全く異なっていたしさ。
ほら、漫画版の FF1、FF3 もやっぱりゲームシナリオとずいぶん違ってたわけだからね。
小説版 FF4 のストーリーがどうなってても「まあそういうものですよね」と穏やかに冷たく微笑んであげるのが上策かと。
FF4A のあの実装品質を経験してしまえば、またしても原作を陵辱されたところでもう怒る気にならんわ。(寛大なのではなく諦めているだけ)
# ヒッポンで小説 WIZ を書いてらした……ということで思い当たるフシが
# あったのですが、私が思い出していたのはベニー松山氏でした。ちっ。



[2008.11.23]
Amazon に商品情報が来ました。




[2008.11.24 / 私信 to 博香さん]
「切る」でなく「斬る」な辺りにスタッフの意地を見ました>セシル@オーディン陛下降臨中
「斬鉄剣と私の腕を以てして斬れぬ物はない!」とぬかすとか、「つまらぬ物を斬ってしまった」とぬかすとか、なぜか三味線と尺八の音が入るとか、敵の攻撃を斬って無効にする演出が入るとか、そういうヤケクソのようなマネしてくれてませんか?(苦笑)
あ、ぐぐったら「サムライスピリッツ」「ヴァルキリープロファイル2」「魔法先生ネギま!」などにも同名の技があるそうです。
(おそらくは五右ェ門を本歌取りしての命名かと思いますが……)
FINAL FANTASY IV | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | by すばる
スポンサーサイト
- | permalink | - | - | by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://notserious.jugem.cc/trackback/510
トラックバック