<< "SELENE Beckons" 非公式超訳 | main | 無題 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | by スポンサードリンク
「まいど一号」出発間近
01/21(水)打ち上げ予定の「いぶき(GOSAT)」ですが、同じロケットに搭載される「相乗り衛星」の中にあの「まいど一号(SOHLA-1)」が。
2004年ごろに AC が CM していたの、ご記憶の方はいらっしゃいます?
「民生技術で安価な衛星」という面では東大の CubeSat に先を越されてしまいましたが「景気付けになんかデカいことやろか」というコンセプトにおいては「まいど一号」は最強です。

で、21日午後有給獲得。「かぐや(SELENE)」の時にバレバレだったので今回は堂々と「ロケット打ち上げなので!」と宣言。
打ち上げ中継開始が 12:30 、打ち上げ時刻 12:54 なので……がんばれば中継開始ちょうどくらいに JAXA i に着ける、かな?
打ち上げ延期しないでね〜。
[ 2009.01.19追記 ] 打ち上げ延期。あう。 [/ 2009.01.19追記 ]

昨年11月からボーナスミッションに入った「かぐや」さんは月全休の重力異常(※月の重力は均一ではない)データ取得完了。
来月は「はやぶさ」のイオンエンジンならび姿勢制御系が再起動予定、「かぐや」の子衛星の1つ(「おきな」)が月面墜落予定。



でね、来月の「はやぶさ」のお目覚めで思い出してしまったんだ。
「はやぶさ」のバッテリはもう使用されない由、 ISAS は公表してる。
リエントリーカプセル射出にはまず火薬に点火しなければならない。
その電流はソーラーパネルだけでまかなえるのか。

少なくとも私はその点を「今」関係者に質問するのを自粛してます。
まず 2009.02 の再起動を越えないとカプセル射出も何もないので。
再起動に成功したら夏の一般公開で質問しようとは思っているけど、もし否定的な状況だとしたら関係者さんが素直に答えてくれるとは思わないし、少なくとも今の時期は答えるべきでもないんだろうな。
※私のスタンスは「カプセルの大気圏再突入実験ができなかったら残念だ」。
 「サンプル回収できなかったら失敗」ではない。
宇宙&天文 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | by すばる
スポンサーサイト
- | permalink | - | - | by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://notserious.jugem.cc/trackback/531
トラックバック