<< 「かぐや」制御落下日時公表 | main | で、パブコメの結果はというと >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | by スポンサードリンク
ゴルゴムの仕業だ!
「あの頃の子供」として叫ばせて下さい。

光太郎兄ちゃんっ!帰ってきてくれたんだね!!!

http://mainichi.jp/enta/mantan/news/20090525mog00m200032000c.html
http://mainichi.jp/enta/mantan/entama/graph/20090525/25.html
http://mainichi.jp/enta/mantan/entama/graph/20090525/28.html

「BLACK」「BLACK RX」の主人公・南光太郎を演じられた倉田てつを氏が「南光太郎」として出演とのこと。
皆既日食の年に蘇るとはさすがゴルゴム世紀王だブラックサン!

倉田氏、私たちの知っている「光太郎」が壊れないような齢の重ねかたをなさっていたんだね。直截的な表現をしてしまえば「不惑なのになんでこんなにハンサム(※)なんだよ」(笑)。えっと……その、先に謝るわごめん。もし私が「光太郎兄ちゃん」を知らずに育って直接彼の姿を見たならば軽く見とれてた自信がある。
あの力強い目が今も健在で嬉しい。

※「美形」「イケメン」「美丈夫」「男前」といろいろ言葉を探してみましたが「ハンサム」という形容が一番ぴったりくる。ニュアンスとしては英語の handsome 。



ああ、うん、この齢にもなって「自分が子供の頃に見た特撮番組」にはしゃぐってのは問題だね。わかってる。
大丈夫、はしゃぐ場所を選べる程度には社会通念を維持してる。だからここでははしゃがせて下さい。

「光太郎兄ちゃん」が帰ってくるならそれと同格たる者が再生怪人扱いされるわけがない。シャドームーン復活も安心して喜べます。
……あれ?でも記事を読むに私たちの知っている「信彦」ではないっぽい……?

姪っ子ちゃんに恥を忍んで連れて行ってもらおうかな、映画館。

ガキの頃のヒーローは自分が大人になっても心の何処かに生きてるもんなんだよ!
アニメ・特撮 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | by すばる
スポンサーサイト
- | permalink | - | - | by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://notserious.jugem.cc/trackback/554
トラックバック