<< HAYABUSA - BACK TO THE EARTH - サントラ出ました | main | To: N氏 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | by スポンサードリンク
結城さんどうしたんですか
光太郎兄ちゃんだ光太郎兄ちゃんだ、わーい♪とはしゃいでおりましたら、「結城丈二」のキャスティングに仰天。
オリジナル・キャストが故人となられ、20年前は「変身後の姿のみ」唐沢寿明氏が演じた人物。
「できるだけ雰囲気の似た人を探すのか、それとも変身後のみを出して口元の似た人を探すのか」と思っていましたが、「似せるのではなく、むしろまるっきり違うキャラクタの人に演じさせる」ときたか!

風見のナルシズムでも伝染したんですか結城さん。
あなたのナルシズムは「俺の科学力は完璧だ」方面じゃないんですか結城さん。
ほとんどトレードマークな { ダブルの紺ブレザー | キャメルブラウンの三ツ揃え } はどこにやったんですか結城さん。

『SPIRITS』版の彼の印象が強い(※『V3』未見である)私にとって今回のキャスティングは完全に想像の埒外でした。(『V3』本編を見ていたとしてもおそらく想像の埒外だったろうけれど)
あーびっくりした。
外見がどう変わっても魂は(『V3』本編の)結城丈二だ、と受け取れる表現がされると信じたいな。「当時の子供たち」のために。


ここまで「昔のシリーズの彼らとして出る」という前提で書いているけど、もしかして「パラレル世界」とか「昔のシリーズの彼らを元にした別の存在」とかなのかな。
シャドームーンが私の知っている「信彦」ではないみたいだし。


ところで「公式でそうなったら道理に外れるから怒る、でもファンフィクションでならものすごく見たい」話を求めてファンサイトを見ていたのです。
自分が思いつくぐらいのことは既に他の誰かが思いついてるはずだから。
事前に想像も覚悟もできていましたが、自分が見たかったものをやっと見つけた頃には「102、という表記を高校の数学で習ったっけなあ……」と遠い目で微笑む境地。
『SPIRITS』に BLACK, BLACK RX が出てこなくてよかった。
子供時代にリアルタイムで見たヒーローの「人間掛算」はできれば見たくないから。

んで、ファンサイトの中に「なぜか結城だけは『さん』付けしてしまう。他の面々は呼び捨てるのに」と書かれているのを見て「自分だけじゃないんだ」と安堵。
なんででしょうね?
『V3』本編では助手たちが、『SPIRITS』では第4分隊のエンジニアたちが結城さん結城さん連呼しているのが原因なのかな。
彼が「研究者や技術者に好かれる」性質だから、と考えれば納得いきます。私も技術屋の末席を汚す身ですから。(技術「者」でなく技術「屋」。あるいは「デジタル土方」とも言う)



別件。
アーティストの逝去はすなわちビジネスチャンスか。
自分が業界の人間なら同じ事をすると断言する。それでも心情的に釈然としない。
アニメ・特撮 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | by すばる
スポンサーサイト
- | permalink | - | - | by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://notserious.jugem.cc/trackback/560
トラックバック