<< 宇宙研一般公開2009 | main | JAXA’s 027号の「かぐや」特集は卑怯 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | by スポンサードリンク
光太郎兄ちゃん!TVにまで!
[ 2009.07.23 22:57 ]
皆既日食とくればゴルゴム世紀王。
うん、異論は認めるよ。でも同案多数なのは間違いなく、22日はあちこちで「ゴルゴムの仕業」発言があったようです。
で、今放映中の『仮面ライダーディケイド』の07/26、08/02の回に我らが世紀王ブラック・サンこと仮面ライダーBLACKが出ると知りました。
なんだなんだ、映画だけでなくTVにもBLACKが登場するのか。
はっはっは、いくら何でも「光太郎兄ちゃん」は映画だけのサプライズ…… ……じゃない、ですって!?
光太郎兄ちゃんがTV放映分にも登場するの?本当に!?
BLACKだけでなく RX、ロボ、バイオまで出るの??

えっと……えっと、すみません、『仮面ライダーディケイド』って日曜朝何時からでしたっけ。
ああそうかテレ朝のサイトに行けば放映時刻わかるよね。
ああそうか、私の部屋でワンセグ入るか確認しなきゃ。
ダメな場合に備えて駅前のマクドナルドなら入るか確認しなきゃ。
それから、ええと、ああそうだ、携帯のマニュアル見直して録画のやり方も把握しないと。

あかん、浮き足立ってきた。



……さて、それじゃあ宇宙部員諸兄、相模原で会おう



[ 2009.07.26 08:34 ]
台所でならワンセグが受信できたので20年ぶりに「自分の意志で」特撮番組を見てしまいました。
冒頭から『RX』の敵の戦闘員さんたち&怪人さんご登場。
南光太郎/RXの登場はCM後かなと思ったら、その直後に光太郎登場。
CM後は「ゴルゴムの怪人」までご登場。
今日登場した怪人たちのリアルタイム時代の記憶はありませんが、「ゴルゴム」という単語を聞けただけでも懐かしい。

今のライダーは一瞬で変身するんでしたね。
「RXへの変身過程」はカットされてしまってましたがあの変身ポーズはフルでやってくれました。また見られるとは思わなかった。
そして現代の特撮技術(今は「CG」と言うべきなのかな)でバイオライダーのアレを見せてもらえたのは予想外。
東映さんありがとう。懐かしかったです。
(V3は常習犯だからともかく)客演先の主役を食うわけにいかないから相対的に弱く描かれるのは仕方ないけど、リボルケインが光ってないのは伏線だよね?東映さんのミスじゃないよね?

最後の最後にあの「(ギリギリギリ……)変……身!」が見られたからもうそれでいいや!

アポロガイスト、戦う時の動きがじつに優美でしたね。
『X』を見ていないから当時の動きのトレースなのかどうかは知らないけれどカッコよかったなあ。



[ 2009.08.02 ]
先週以上に「ああ、光太郎兄ちゃんだ」と思わせる芝居だった気がします。笑ったときとかね。

「(仲間が)いるさ」という「BLACK」光太郎の台詞に「バトルホッパーがいるもんね……」と思ったのは自分だけではないはず(苦笑)。

※「BLACK」は放映当時、とにかく孤独。ゲストを除けば 冗談抜きにバトルホッパー(意志を持つバイク)が唯一の仲間。



話の最後で「RX」光太郎の脇にちょこんと控えているアクロバッター(バイク)に狂喜。
確か当時の放映での光太郎は普通のバイクを常用していた(アクロバッターはバトル専用だった)気がするけど、出してくれてありがとう東映さん!
バトルホッパーにも会いたかったなあ……。

そしてレッグトリガーを響かせる脚のアップが!
逆光でこちらに歩んでくる影の王子が!
(当時のカメラワークをわかってらっしゃる!)
「BLACK」世代としてはもう、あの音だけでハッとしましたよ。

主役でない以上、往年の無敵ぶりを発揮できないのは仕方ない。
(映画に観客動員するためのエピソードですしね/苦笑)
しかし一騎打ちを選ぶムダな正々堂々っぷりとか、ジャンプの前に地面を叩くなどの「RX」描写はオリジナル世代にとって「そうそう、こうだった!」。
廃工場での戦闘、2階から飛び降りる「BLACK」を写すカメラワーク、キングストーンフラッシュの全能ぶりも「そうだ、こうだったよ!」。
(キングストーンフラッシュ、今週の放映を見て思い出しました)
いや、東映さんホントわかってらっしゃる。
惜しむらくはやっぱりリボルケインが光ってくれなかったこと、「BLACK」光太郎と「RX」光太郎の性格の違い(※)が(「終わらない戦いに対するモチベーションが仲間の有無で異なる」という形できちんと描き分けられていたものの)はっきりしなかったことかな。
後者はオリジナル世代の我がままである自覚があるけど前者は同意見多数だと思うんだ。

※孤独である「BLACK」の光太郎は真っ直ぐだが陰のある性格描写。
「RX」で唐突に性格描写が明るくなってびっくりした子供は私だけではない。



「君の目を信じる」とか
「話はユウスケ君から聞いた!君はあいつを!」とか
「子供を守るような者なら世界の破壊者ではないのかも知れない」とか
そんなベタな昭和シナリオも含め、オリジナルの世界観/人物観を壊さないよう復活させてくれてありがとう東映さん!
でもリボルケインは(以下略)。
そして「光太郎兄ちゃん」かっこ良かったです倉田さん!
それと忘れちゃいけない、当時のアクションのキレを見事に再現されたアクターさん方、ありがとう!
(特に BLACK!変身後の名乗りのシーンでは年甲斐もなく声が出てしまいました。)

でも先週と今週、今の子供が見て面白かったのか心配だ。
BLACK&BLACK RXが主役を食っちまってた気がすることと、「ベタな昭和シナリオ」は今のストーリーテリングの風潮の中で浮いている懸念があることの2点で。
なお先週と今週のキーワードは「仲間」でしたが、来週はアマゾンが出るので「トモダチ(友情)」がキーワードですね。
『Spirits』読者としてはアマゾンを見るだけで16巻のアレを思い出して落ち着かない気分になります。
(が、現在『Spirits』は掲載誌が移動したため1号・2号編で仕切りなおし中)
アニメ・特撮 | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | by すばる
スポンサーサイト
- | permalink | - | - | by スポンサードリンク
コメント
はじめまして、子供といっしょにディケイド見ていたら、次回、BLACKが出るので楽しみにしています。
| ノスタルジア | 2009/07/25 12:02 AM |
「BLACK」をリアルタイムで見た世代を考えると、明日の放映では子供さんたちより親御さんがたのほうが興奮なさってそうですね(笑)。
私も「あの頃の子供」に帰ってわくわくしてます。
| すばる | 2009/07/25 9:38 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://notserious.jugem.cc/trackback/564
トラックバック