<< 投票所入場整理券が来た | main | 得意顔 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | by スポンサードリンク
実生活で三角関数を使うとは
いやはや、「こんなもん実生活で出番があるわけない」と言い放った高校時代の自分をはたいてやりたい(笑)。

「幅 10m のステージが全てフレームインした写真を撮る。最低何mの距離が必要か」
という課題が実生活で発生。
手持ちカメラのW端での焦点距離は 24mm(35mmフィルム換算)。
調べたら焦点距離 24 mm のレンズの水平画角は74°。

ということは、上記問題の算出式は
x(m) = 5(m) / tan 37° ≒ 6.6(m)。

さすがに 24mm だと画面両端の画像は歪む。
でもステージ両端ギリギリまで人が立つことはないはず。
そこらへんは現場で調整させてもらおう。
ありがとう三角関数。まさか習ってから10年以上経ってお前の出番があるなんて。
雑記 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | by すばる
スポンサーサイト
- | permalink | - | - | by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://notserious.jugem.cc/trackback/570
トラックバック