<< テスト対象が命綱 | main | 男の子です。来年5月予定。名前も決まりました。 >>
勝てない。絶対に勝てない。
夏に会えなくて、どうしても会いたくて、そこでなら(ファンアートに)会えると知って、ただそれだけのためにpixivに入会。
やっぱりバトルホッパーは可愛くて健気だ。
pixivでもあの子が出てこなかったことを残念に思う意見が多くて、みな望みは同じなんだねえ。
関連イラストを探す際にもっとも有効なタグが「南光太郎」でも「仮面ライダーBLACK」でもなく「てつを」なのはなぜ(笑)。

「オールライダー対大ショッカー」は結局劇場に行かずDVD待ちしましたが、 V3 + スーパ−1 + BLACK という取り合わせが出て来るそうで。

相手が誰だか知らないけどこの3人を同時に敵に回したら勝てねえよ。
最強ならぬ最凶はきっと1号 + V3 + RX 。「勝てない」どころか「蒸発する」のレベルで。

シャドームーンの扱いは「破格だが悲惨。ついでに BLACK との因縁は描写無し」だそうで……うう、結城さんマターもあるし見るの怖いな。
ただし「因縁の描写がない」点については正しい判断かもと思います。どの作品に客演してもやってることが同じで客演先のファンにうんざりされているFF7のあの2者のことを思えばね。あの映画のシャドームーンは「信彦」じゃないんだから。「光太郎兄ちゃん」を出しておいてあの影の王子から気高さが奪われるはずもないのだし。

「とても女が描いたとは思えない」と言われるような熱く(BLACK)冷たく(シャドームーン)カッコいい(両方)世紀王を描けたらどれだけ気持ちいいだろう。
絶対に無理だから試すことさえ恐ろしくて(畏れ多くて、と表現したほうが近いな……)できないけど。

まずいな。「描きたい」という願望を持つってのは単純な「子供の頃大好きだったヒーローへの懐かしさ」の域を超えてるだろ。いくら『SPIRITS』の影響があるにしてもまさか20年の時を超えて燃えているのか!?
大人になると(思春期のころに見下していた)直球ド真ん中な王道を好むようになる人が珍しくないんだよ。しかしまさか子供のためのヒーローにいい大人が燃え……燃え……てる人少なくないよね。うん大丈夫。
『SPIRITS』はそういうマンガなんだし。この夏の BLACK & RX の復活だって親御さん世代を籠絡するためだったはずだし!



昔から不思議なことは、いったん堕ちる覚悟を決めるとその途端に入ってくる情報量が勝手に変わることで。図書館で「本のほうから現れる」とでも表現すべき状況になったりとか。
# もちろん正解は「自分自身が無意識的に情報を探すようになるから」なんだけどね

──で、倉田てつを氏、岡元次郎氏、宮内タカユキ氏のお3方が出られるイベントがあるという情報が。
私が行っても会場の濃さからおいてけぼりを食らいそうだ。それだけならまだいいけど周囲を不快にしてしまったら申し訳ないなあ……。(20年間ずっとファンだった人たちから見れば私は「軽薄なミーハー女」でしかないからね)
こういう時の自分の対処法はシンプルで、「次の機会が待てるのであれば1年我慢する」。
1年経ってもまだ行きたいならミーハーからファンになる素養が自分にもあるだろうと(笑)。
ただ今回のこれ、正直なところ「次の機会」がないんじゃないか……??
アニメ・特撮 | permalink | comments(0) | - | by すばる
スポンサーサイト
- | permalink | - | - | by スポンサードリンク
コメント
コメントする