<< お迎えツアー自粛します | main | よっしゃフル4K来た! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | by スポンサードリンク
「はるか」の後継者は?
<勝手広告></勝手広告>

電波天文衛星 ASTRO-G、何かあったのでしょうか。
11/17の第3ワーキンググループ(※)資料に「予算額ゼロ」で名が挙がっていた(PDF/7ページ目)ことは存じていますし、それ以後「予算ヤバい」系の状況が推測される検索ワードでのアクセスもありました。
※一般的な呼称を用いると面倒なTBやコメントが来るのでこの表現にて失礼

しかし「ASTRO-G 断念」という検索ワードでのアクセスがあったとなると看過しかねます。
JAXA、国立天文台、大学などからのアクセスではなかったので、何の情報もお持ちでない部外者さんによる検索だと信じたいところです。
「上げるロケットがない」という状況から「H-II A で上げる」という状況まではこぎつけていたんだよね?

[ 追記 ] 少なくとも天文関係者で危惧している方がいるのは確か [ /追記 ]
[ 更に追記 on 2010/01/09 ]
何をどうすっとぼけていたのか、上のPDF試料9ページ目に思いっきり
(注)宇宙基本計画に位置付けられ、24年度に打上げ予定だった電波天文衛
星(ASTRO-G)について、今般、文科省は開発を中止している。
このように一旦決まった計画でも、変更があり得る
って書いてあるじゃんねえ……。
[ /更に追記 on 2010/01/09 ]
[ もっと追記 on 2010/01/18 ]
この件について JAXA に問い合わせた方がいらっしゃったので以下引用。
「ASTRO-Gは開発中止」というのは間違いで、別のページにある「電波天文衛星(ASTRO-G)については、技術的な課題が判明したこと等を踏まえ、開発費にかかる概算要求を行わないこととし、当面は課題解決に向けた検討を行うこととした」というのが正しい状況。
[ /もっと追記 on 2010/01/18 ]

私はまだ「探査機」という素人にもわかりやすいミッションしか理解できてませんが、そろそろASTRO(天文衛星)シリーズの面白さも理解したいなと思ってるところなんです。
相模原一般公開のASTRO-F「あかり」(赤外線天文衛星)チームがすっごくいい表情をしていらしたので、こりゃそうとう楽しいに違いないと(笑)。

個人的に「宇宙研イチの美人」だと思っている MUSES-B 「はるか」
プロマネでいらっしゃった平林久氏の「はるか」大好きっぷりもじつに印象深い衛星です。
ASTRO-G はその後継機。私は相模原一般公開で関係者さんに「平林先生みたいに、思いっきり親バカっぷりを見せて下さいね」とお願いしてしまっています。
だから ASTRO シリーズも続いてほしいなあ。

私は「宇宙研にくっついてけば面白いものを見せてもらえる」が基本スタンスのミーハーです。
翻訳やったりイべントのサマリ書いたりしてますが、そりゃ単に自分が提供できるものを提供してるだけ。



お歳を重ねたため先月末よりドック入りしていた(※改修工事中の)臼田さんですが、ついにお星様になってしまいました。
→ 小惑星ウスダ誕生!
もし宇宙研が小惑星ウスダを探査することになったら色々とものすごく混乱しそうな罠

「それは『すいせい』ですか『彗星』ですか」再びですね(笑)。



宙博は今回見送ってしまったのですが(※)twitter に参加者各位がレポートを出しておいでです。

※公式サイトで「展示概要が全くないのにチケットは販売する」という時期があり、「これはあれか、エコ利権がらみか?」と警戒していたというのもあり……。



「JAXA の月探査ロボット」が展示されると聞いて「まさかJAXAが例の二足歩行ロボ構想をこんなに早く見せるわけがない」(現実的に実装可能なレベルまで案をつめるまで出すとは思えない)と思っていました。
参加者各位のレポートを見るに、やはり 2007年のJAXAシンポジウム「ロボットが拓く宇宙開発のNEXT STAGE」で展示された多脚型ローバや相模原一般公開で登場していた4輪ローバとかだったようですね。
個人的に2足歩行月探査ロボは民間にお任せしたいところ。
かわいい、すごくかわいい。かわいいんだけどさあ……。

しかし宙博のレポートで最も衝撃的だったのは(参加者各位も衝撃を受けていたのは)
「君たちは本当に宇宙に行く気があるのか?」
とデカデカと書かれたパネル。



ALUMI さん経由。

JAXAクラブ:特集:「一番星を目指せ!
※初回(cookie を食べていない)アクセスはシステムエラーになります。
 エラー画面でリロードして下さい。

PLANET-C「あかつき」プロマネの中村正人教授がどう見ても宇宙海賊のキャプテン……。
國中教授&曽根准教授の「ヤマト」ネタといい今回といい、これが宇宙研メンバの通常運用かい!(笑)
まさか中村教授が隻眼でいらっしゃるのをネタに生かすとは思わなんだ。

※ちなみに宇宙研には組織票を組んでまでも衛星に「ひのとり」と名付けた手塚ファンや、銀河英雄伝説ネタをアカデミックな場で出した方もいらっしゃいます



宇宙海賊とは「ささやかだが一生続く縁」を持って生まれた私です。よろしい、そのネタを出されたからには暁のアルカディア号には最後までおつきあいさせて頂きます(笑)。
宇宙&天文 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | by すばる
スポンサーサイト
- | permalink | - | - | by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://notserious.jugem.cc/trackback/593
トラックバック