<< 米宇宙戦略発表 | main | 06/13 23:00(JST) >>
渡豪の件、追記。
これがファンメイドだっていうんだから」のコメント欄でのやりとりで自分の考えが整頓できました。
その節は774さん、こちらの考えが整理しきれていなかったためご迷惑おかけしました。

私は「WPA周辺は論外として、どの都市までなら行っても問題ないか自分はわからない。金木犀さんが聞いた話もある。じゃあ渡豪自体を自粛しよう」と判断しました。
下記の「できれば日本で見守って欲しい」という言葉を私は判断材料の1つとしましたが、その言葉は非公式なもの。他の方がどうするかについてまで適応する気はありません。

不特定多数の方については「安全距離(どの都市なら物的心的両面でプロジェクトチームの負担にならないか)がはっきりしているなら渡豪してもいいのでは?」と思います。

※「安全距離」が現時点において不明なので実質「行かない方がいいと思うよ」ですが。



JAXA/ISASは渡豪の是非について公式には言及していません。
関連情報としては

「(到着日は)今のところ言わないことになっている。勘弁してください。旅行する人が大変になったりするので…」という川口教授の言葉をどう受け取るかについては人によると思います。私は「これはマズいかな」と思った所に /.-J のこのコメントを見て「やっぱりそう解釈したほうがいいよなあ……」になったのですが。

自粛組の「自主判断」を「JAXAが渡豪を禁止している」という誤った形で言いふらされるのはこちらとしても不本意ですし(不正確な情報の流布という意味でね)、渡豪したいという方をその誤った表現をもって貶すなんて論外。

もしどなたか「安全距離」の情報をお持ちならぜひお知らせ頂きたいと思います。

もしどこかの旅行会社が「JAXAにきちんとヒアリングを行った上での」ツアーを組むなら、私は喜んでその宣伝をします。
その会社が私を含む「はやぶさ」スレ住人から「あんな書き込みしないで最初から素性を明かせば建設的に協力したのにねー」という疑いを抱かれてしまうという不運は避けられませんが……。



[ 追記 on 2010/04/22 ]
04/21に行われた記者説明会のレポートを大塚実氏が書いておいでです
詳細については控えさせてもらうが、プレスに対しては、現地のホテル事情、交通情報、通信事情などについて細かく説明があった。

予算的に、多分私が現地に行くことはないだろうが、個人で行こうという人のために、分かる範囲で情報を提供しておきたい。「はやぶさ」ファンの中には、現地への渡航を自粛しようという動きもあるようだが、私としては、あまり気にしなくてもいいと思う。もちろん、ルールを守って迷惑をかけないことは前提だが、行けるだけの旅費と休暇と熱意があるようなら、遠慮せずに「はやぶさ」を出迎えに行って欲しい。
と述べられた上で流星が見える可能性のある範囲の情報等をあげていらっしゃいます。
拙ブログなどでの自粛関連エントリを直接ご覧になり(=自粛組が何を懸念しているかを知り)検討の上で渡豪をお決めになるなら、その方は充分な判断力をお持ちだと確信しています。
渡豪なさる方々、現地は冬の乾燥地帯です。どうぞくれぐれもお気をつけて。
渡豪される方々と私は意を異にしますが、情報を集めて熟慮した上での判断ならば尊重されるべきですし尊重します。


[ 追記 on 2010/04/26 ]
上掲の大塚氏のエントリに追記がありました。
関係者の拠点はウーメラ村になるので、そちらには絶対押しかけないで欲しい。このあたりは町が少なく、あったとしてもホテルの数も十分ではない。隣町まで100km、なんてこともあるので、各自、宿泊先は出国前に確保しておくこと。
とのこと。あ、やっぱりウーメラ・ビレッジだったんだ……。


[ 追記 on 2010/04/28 ]
6月13日、小惑星探査機「はやぶさ」再突入観測のためのウーメラ旅行ガイド - 送信完了。:読書系小日記
再三言うけど私は「行かないほうがいいと思うよ」派です。
でも一番恐れているのは「情報不足の状態で行ってしまう方が出ること」です。それが回避できるなら次善の策としてむしろ情報提供側に回ります。
宇宙&天文 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | by すばる
スポンサーサイト
- | permalink | - | - | by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://notserious.jugem.cc/trackback/626
トラックバック