<< JAXA i の件。 | main | 7度目の、最後の誕生日 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | by スポンサードリンク
おかえりなさい「はやぶさ」講演会

第12回 ミーツ・ザ・サイエンス「おかえりなさい『はやぶさ』講演会」@つくばエキスポセンター、行ってきました。
当初「定員30人」と聞いて「千葉県からつくばで?30人定員?いやどう考えても無理だろ」と諦めていたのですが、Twitterで@galileo_falcon氏(『HAYABUSA -BACK TO THE EARTH-』応援団長/笑)に「来なさいw」と言われて「御意!」と答えた勢いで遠征決定。

直前に聞いた通り、講演はオープンスペースだったので「定員30名」はあくまで「椅子の数(=立ち見可能)」でした。

【関係者レポート】
【参加者レポート】
つくばエキスポセンターは05/01〜07/04間『おかえりなさい「はやぶさ」企画展』という特別展示を行っています。
展示されているのは(05/01時点では)
  • 「はやぶさ」ミッション説明パネル
  • バーチャル・イトカワ(2006年相模原一般公開で1日だけ展示された、イトカワの上を「歩ける」ソフト)
  • 「はやぶさ」レジンキット(おそらくは学芸員さんによる彩色済)
  • 宇宙科学振興会のイトカワ模型
※現在はこれに加え『HAYABUSA』予告編のハイビジョン上映が追加されている模様です

また、05/01〜05/09の期間限定で『HAYABUSA』フル版上映。
初日である05/01には監督である上坂氏の挨拶がありました。
「はやぶさ」がRWも化学スラスタもやられていること、「はやぶさ」を応援してほしいこと、そして『HAYABUSA』のテーマが「命とは何か」であることを仰っておいででした。

つくばエキスポセンターは初めて行ったのですが、力を注いでらっしゃるなあと思います。そしてあの宇宙機模型のセレクトのコアっぷりはすごい(笑)。
あと個人的には1985年つくば科学万博のマスコット・ロボットくんと、同万博の目玉だった「オルガン演奏ロボット」に会えたのがすっごく嬉しい。
もちろん動態展示じゃなかったけど、彼らは「目玉」だったから人が殺到してしまって、当時私は会えなかったんだよ。



以下、galileo_falconさんに手引きして頂いて得られた僥倖。本当に貴重な体験をさせて下さってありがとうございました!

つくばエキスポセンター学芸員である菊川氏は今回の特別展示のために大変なご尽力をされたとのこと。
「設備の都合で『HAYABUSA』は画面が暗いです」と恐縮しておいででしたが、いやとんでもない。「なんで(JAXAの本丸がある)筑波で『HAYABUSA』上映しないの?」という(一般的な)期待に応えて下さったことにお礼を申し上げたく思います。

5thstar 氏も今回の講演においででした。野口聡一氏(後の宇宙飛行士)と同時に宇宙飛行士選抜試験に臨み最終選考まで残られた方(そして「はやぶさ」ファンにとっては「タッチダウンの時に英語翻訳ボランティアをなさった方」)です。
「え?宇宙好きならみんな仲間だよ?」と気安く接して下さってありがとうございました。
『HAYABUSA』上映後、上坂氏に「私の頃はアポロの中継。今の子供はこうした作品が入り口になるんですね」と話しておいでだったのが印象的です。

……で、更にありえなかったこと。
エキスポセンターの方々や上坂氏やプラネタリウム関係者さんがたの酒席に自分が紛れ込んでるとか(汗)。
『祈り』のラストと『HAYABUSA』のラストが色温度も構図も同じなのは意図的だったのですか?とお伺いしたところ、「一番美しく見えるように作ったら同じ絵になっちゃった。そういう点では意図的』とのこと。
さすがに「祈り」を見た者に「『祈り』に『あれ』はなかったのに……!!」と思わせる、という意図ではなかったんですね。
お話ししていて思ったのは、上坂氏のお声と口調は『HAYABUSA』の篠田氏によるナレーションに非常に近い雰囲気であるということです。
あのナレーションはやはり(直接的には)上坂氏の代理だったんだなあ。

実際にガイド/字幕を作成された方に口頭でご許可を頂いたので。
浜松科学館:上坂監督と迎える「HAYABUSA」 (トークショー)
「※午後の部は、音声ガイドと字幕をご用意しての特別投影となります」とあるのは視覚、聴覚にハンディキャップをお持ちの方向けとのこと。ああ、これは嬉しいねえ。

……緊張の余りに酒量のコントロールができず今まで生きてきて最大の失態をおかしてしまい、参加者の皆様にはお詫びのしようもありません。



「はやぶさ」は05/01 20:00(JST)よりTCM-1に入っています。
64時間(だったかな?)スラスタを吹かすので順調に行けば05/04のお昼頃に完了するはず。

[ 05/04追記 ]
TCM-1、地球リム部への誘導完了について  5/4 11:57(日本時間)TCM-1が正常に終了されたことを確認しました。 これの運用により、はやぶさは地球外縁部へ誘導され、はやぶさと地球 との距離は約1660万kmとなりました。なお、衛星の状態は良好です。
よし!
……ああ、そうか。今私が覚える緊張感は「かぐや」打上げ時の各系コンディション報告の時や『HAYABUSA』での地球スィングバイの場面(次々に「ゲート」をくぐっていく)に覚えたものと同じなんだ。
[ /05/04追記 ]


GWに入ったことと事業仕分けの件が報道されたことと有人・無人ミッションが立て続けていることから、JAXA i はただいま大盛況〜。
宇宙&天文 | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | by すばる
スポンサーサイト
- | permalink | - | - | by スポンサードリンク
コメント
この間のつくばはお疲れ様でした。

本当に楽しかったです。なにかつくばを思い出すと涙が出てきます。それだけ楽しかったんですね。ありがとうございます。

5thstarさんと貴殿との宇宙クラスタ頂上対談。目一杯堪能させていただきました。正直付いていかれない部分もあったりして、メッキがことごとくはがれていったわけで、お恥ずかしい限りです。

応援団長とか・・・OTL。内之浦ごっこすらやったことのない私なので。すばるさんこそ筋金入りの真のHAYABUSAファンですね。私にいたっては回数見ただけのHAYABUSAおっかけババァです(笑)。

いつかまたご一緒できたら幸甚です。

| プラネテス | 2010/05/12 11:21 PM |
毎度お世話になってますー。
改めまして、つくばではお疲れさまでした&お世話になりました。
『HAYABUSA』(映画)ファンと「はやぶさ」(宇宙機)ファンという視点の違いから、色々楽しいお話ができて嬉しかったです。
「壊れたトランペットの音が入っている」とか実は全く気づいてなかったです(汗)。次に見る時は確認します!

そして私がコメントを返す前に JAXA i で普通に再会したという(笑)。
| すばる | 2010/05/23 1:08 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://notserious.jugem.cc/trackback/629
トラックバック