BRA★BRA FINAL FANTASY
もはや愛することもできず、さりとて思い出にすることもできず、よほど相手を選ばなければ私にとってまさに地雷な話題なわけですが。
# 前世紀にファンになった方とでないと話せない。いろいろありすぎたから。

BRA★BRA FINAL FANTASY」というアルバムが出てました。
FF楽曲(植松楽曲)のブラスバンドアレンジ版。

飛空艇メドレーにしっかり「親方シド」が入ってるんです。
そしてね、「赤い翼〜バロン王国」が入っているんです。
「赤い翼」が入ってるんだよ。
昔の「オーケストラによるゲーム音楽コンサート」がトラウマになってもう二度とオケ(管弦楽/ブラス)アレンジされないだろうと思ってたのに。
(ピアノアレンジはまあ別モノということで)

変な表現だけど、これで少し「成仏できた」。



[2015/04/11追記]
4star2015 THE FINAL 4star Primal Orchestra Special Concert」で「巨人のダンジョン」「最後の闘い」演奏されるそうです。
嗚呼、これで未練はなくなる。
FINAL FANTASY IV | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | by すばる
ミュージカル「シスター・アクト〜天使にラブ・ソングを〜」
ミュージカル「シスター・アクト〜天使にラブ・ソングを〜」見てきました。

もともと映画「天使にラブ・ソングを……」はお気に入りの1本。
「場末のクラブ歌手が殺人現場を目撃してしまい、口止めに消されてしまわないよう修道院に身を隠す」というのが大雑把なプロット。
ド下手な聖歌隊を主役が鍛え上げるのだけど、結果としてソウル・ミュージックをカトリックの聖歌隊が歌ってしまうのですよ。

本作がミュージカルになっていると知って英語サントラを買ってて、いつか日本で上演してくれたらいいなと思ってた。
そしたらついに日本上演と聞いて、仕事がかなりキツい状況だけどチケットだけは迷わず買っていた。
私はミュージカルというものを見たことがなかったから、森公美子氏と瀬名じゅん氏のダブルキャストのうちTVなどで目にする機会が多かった森氏の回を選んだのです。
両氏の写真を見て、映画のデロリスの「肝っ玉」感を森氏により強く感じたというのもあるけどね。


さて。
ミュージカルって楽しいんだね!楽しいんだね!!!
以前からサントラを聴いていたから楽曲は知ってたけどね、それでも実際に舞台で見るとこんなに楽しいんだ。
森氏の声の力と可愛らしさは勿論のこと(テーブルに乗るのに足をバタバタさせるとか反則だよ)、年を重ねた指揮者であるシスター・マリア・ラザロがものすごくロックな人だったり(前屈み&ダミ声で畳み掛けるように歌うのってものすごく大変だろうに。プロってすごいね)、前半一番の盛り上がりで指揮者さんが観客に対して手拍子を煽ってくれたり、鳳蘭氏が演じる修道院長さんが後半どんどんオイシイ役になっていったりと実に楽しかったです。
エディ(刑事さん)のバラードもいいシーンだったよね。あの早変わり!切ないラブソングのはずなのに笑わせやがって!
ギャングとシスターの追いかけっこのシーンでは(……有名な映画だからネタバレじゃないよね?)観客席に役者さんが降りてきたりして、S席を買った自分を褒めたとも。
オリジナル(英語)歌詞でかなりキワドい部分を日本語でもきっちりキワドく訳していたのもお見事。

各種SNSを見るに、今回の初日は「まるで千秋楽のような」盛り上がりだったらしい。
これが初のミュージカル鑑賞だったのは運が良かったなあ。

ただね。
どうも今回の演出は「森公美子氏だからこそ」の部分があったような印象。
有り体に言うとふくよかな体型を生かしたギャグがあったのね。
するとダブルキャストである瀬名氏の回は彼女だからこそのギャグがあると推測されるわけで。
……おいどうするよ、瀬名氏の回も見るか、見るのか、私?


ああそうそう、忘れちゃいけない。
ギャングの中に一人とても子どもっぽい人がいて、彼がR2-D2のぬいぐるみを抱えているのですよ。
本作の設定が「1977年の年末」と知って深く深く納得した私は STAR WARSオタクです。
※1977年:STAR WARS公開年


※これはオリジナル版でなくドイツ語、それも「一幕見」だけど、本作のノリを伝えるのに一番いい動画。修道院長のお美しさと気品も含めて。



ほんとモリクミかわいいよモリクミ。
映画・STAR WARS | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | by すばる
雪かき、そして雪かき(多分もう一回)
先週末に関東で降った雪では衝動に抗えず積雪に顔面ダイブなどしながら雪かきしました。
今週の雪はもう遊ぶだけの精神的余裕なく必死で雪かきしてました。

・消火栓前のクリア
・排水経路確保(道路脇。要は排水溝への道筋)
・人間一人分の通り道
・↑ をストレッチャー1台分の幅に拡張
・↑ を緊急車両が通れる道まで延長

という順序で、近隣住民総出でわっしわっし。

で、水曜もまた雪マークついてます。勘弁して下さい……。
雑記 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | by すばる
Mac OS 10.9 のプリンタドライバでハマった話
結論から言うと、Appleのサイトから落とせます。


手持ちの MacBookAir の OS を10.6 から 10.9に上げたのです。
その後、プリンタを母艦(デスクトップ)直結から AirMac Express(プリンタサーバ用途)接続に変えたので、MBAからプリンタを設定しようとしたらドライバが見つからない。
OS10.8のヘルプ(10.9のヘルプはなかった)を見ると「プリンタに繋ぐとドライバは自動的にDLされます」となっている。なのに「ドライバが提供されていない」といった趣旨のメッセージが出るばかり。


それではプリンタのメーカーサイトからドライバをDLしようと思ってサイトに行くと「ドライバはMac OS のソフトウェア・アップデートで自動的に提供されます」となっている。
いやいや、ソフトウェア・アップデートしても出てこないよ???

一方、母艦の OS を10.8から10.9に上げた場合は問題なくドライバがダウンロードされる。


この2つの違いは何かというと、アップデート前のOS。

調べたら、OS 10.6 はプリンタドライバがOSインストール時にオプション扱い。
10.7以降はデフォルト扱い。


つまり、MBA側は元々ドライバが入っていなかったからソフトウェア・アップデートで検知されなかったわけですな。
で、アップルのサイトでプリンタのメーカー名を「カタカナで」(アルファベットでは出てこなかったので注意)検索したところプリンタドライバが見つかりまして、無事にMBAもプリンタに繋がるようになりました。



ソフトウェア・アップデートでドライバも更新するのはいいんだ。
ただ、メーカーサイトでのドライバ配布を禁じるのは勘弁してくださいよ、アップル……。
Mac, iPod & iTS | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | by すばる
結論: 今はまだ Mac OS 10.9 (Mavericks‎)にしちゃなんね
結論から言うと、2013/11/11現在
  • Mac OS 10.9 (Mavericks‎)で「既存の無線LANのクライアントとしてAirMac Time Capsuleを追加する」のは不可能
  • Mail.app のルール設定で「メッセージを移動」と指定しても「メッセージをコピー」という挙動を示す

という状態ですな……。

※AirMac Time Capsule:
Mac で楽ちんにバックアップできるというウリの道具。
無線LANの親機としても使える。
USBポートがあるのでプリンタサーバにもなる。
続きを読む >>
Mac, iPod & iTS | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | by すばる
「はやぶさ2」に乗って小惑星に行こう!(名前と心だけでも)
ブログはすっかりサボっちまってました、すみません。

さあ、来たよ!


星の王子さまに会いにいきませんかミリオンキャンペーン2  お知らせ|月・惑星探査プログラムグループ


応募開始: 平成25年4月10日(水)12:00(正午)〜
応募終了: 同年7月16日(火)  ※郵送の場合、7月16日必着


今回応募できるのは下記2パターン。

1:名前をターゲットマーカに刻む
  ターゲットマーカは小惑星に残るので、小惑星が消滅するまで名前はそこにある

2:リエントリカプセルに名前データの入ったチップを入れる
  名前の他にメッセージや画像も応募可能。(画像は郵送のみなので注意)
  リエントリカプセルは2020年に地球に戻る予定。
  ※ただし、宇宙線の影響でチップ内のデータが破損する可能性あり

1、2の両方に応募することもできるので、ご興味ある方はぜひどうぞ。



それにしても、キャンペーン名の「わかってる感」がすごい。
「はやぶさ」の時の「星の王子さまに会いにいきませんかミリオンキャンペーン」、私は参加できなかった(存在を知らなかった)からね。
今回は最初から参加できる!


他のミッションもこのキャンペーンのタイミングでうまいこと広報してほしいなあ。
宇宙&天文 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | by すばる
宇宙酔2013新春のお知らせ
毎度、サイエンスパブのご案内です。

今回のゲストはJAXA宇宙科学研究所の相馬央令子(そうま えりこ)さん。
研究分野はスペースデブリ。特にデブリ衝突の検知方法について研究しておいでです。

詳細ならびにお申込は宇宙酔運営サイトをご覧下さい。
(前回と会場が異なりますのでご注意を!)
- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | by すばる
宇宙酔2012秋のお知らせ

宇宙酔2012秋


はじめに

「宇宙酔(うちゅうよい)」は飲み食いしながら宇宙に関わる方からお話を伺うトーク系イベント。
サイエンスカフェならぬ「サイエンス居酒屋」です。

今回は元NASDA/JAXAi 案内人である大山勝さんをゲストにお招きします。
2010/12/28に閉館したJAXA広報施設「JAXAi」で長きに渡り案内人を務められた大山さん。
彼はメーカーの方として、そしてJAXAの前身の1つであるNASDA(宇宙開発事業団)の職員として日本の宇宙開発に関わって来られました。
「現在」のお話を伺うことが多かった宇宙酔ですが、今回は日本の宇宙開発「昔話」。
なかなか表に出てこないNASDAの楽しい裏話や武勇伝が存分に聞けるかと思います。

食べ飲みしながら皆で楽しく過ごせればと思います。


主催について

主催者はただの在野の宇宙好きです。
イベント運営やトークのプロによらない、自主的・非営利のイベントです。スムーズな運営に努めますが至らぬ点がありましたら本エントリ末尾の連絡先、または開催後に設置予定のアンケートフォームでご指摘下さい。


イベント概要


注意事項

  • 頂いた個人情報は本イベントの運営、今後のイベント告知、事後の連絡に使用し、他の目的には使用しません。

    • 今後のイベント告知が不要の方は、参加申込フォームの「今後の告知 不要」のチェックボックスにチェックを入れてください。頂いた情報を今回限りで破棄します。

  • 会場内は禁煙です。
    喫煙者(私もですが)の皆様、お煙草は受付カウンター横の非常口の外でお願い致します。
  • イベント開催後にアンケートフォームを設置する予定です。次回(も開催したいと思っています)の運営の参考にしたく思いますのでご協力頂ければ幸いです。

参加申込はこちら




お問い合わせ先:宇宙酔運営


スタッフ:宇津巻竜也、大島佳世子、大貫剛、水牛、すばる、まこと。
ロゴ作成: 宮崎ドイツ





私は当日、受付やってまーす。
- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | by すばる
IKAROSが起きた!
2012年9月10日[更新] 
IKAROSの冬眠モード明けについて
IKAROSは、平成24年1月6日までに冬眠モード(発生電力低下による搭載機器シャットダウン)に移行したことが確認されていました。
冬眠モード移行後、月2回の運用ペースでIKAROSの探索を続けてきた結果、平成24年9月6日(木)にIKAROSらしき電波を発見し、同8日(土)にIKAROSであることを確認しました。
このことにより、IKAROSは冬眠モードから明けた(復旧)ことが確認できました。

現在のIKAROSの状態については、確認中です。


起きた!IKAROSが起きた!
「起きる(再捕捉できる)とすれば6月を中心に前後2ヶ月程度」と聞いていたので、正直な所そろそろ厳しいと思っていました。
ソーラーセイルである以上はセイルの向きによる速度変化が起きるはずで、つまりは時間が経てば経つほど誤差が増える。しかも減速か加速かはセイルの向き次第という状況でしたからね。

いやー、本当によくぞ捕まえたと思います。
IKAROSチームの皆さん、臼田局の皆さん、本当にお見事でした。
さて気になるのはどれくらいの誤差が発生したか(=セイルの向きと速度の変化の大きさ)とか本体機能の劣化の程度ですが、それはテレメトリが降ろせる状態になってからですね。

改めて、関係者の皆さんおめでとうございます!


宇宙&天文 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | by すばる
「はやぶさ2」プロマネ交代の件
2012/09/01付のJAXA組織図(PDF)にて、「はやぶさ2」プロマネが國中均教授に替わっています。

事実としてはそれだけであり、現時点でこれといって理由説明等があるわけではありません。

私が「吉川准教授は理学系の調整役になるのかな」とツイートしたのは本当に個人的な感想です。推測でさえない。

※宇宙開発委員会議事録や千葉工大惑星探査研究センターのツイートを見てて「理学関係、モメてるなあ……」と私が感じるのは事実ですが、それが他のミッションでも起き得る範囲を超えた「モメっぷり」なのかは私にはわからないです。私の書き方が悪くてはやぶさスレを混乱させちゃったみたいでスマン。



「はやぶさ」理学チームでいらした阿部新助さん(現:國立中央大學天文研究所)や「はやぶさ2」理学関連に関わっている千葉工大惑星探査研究センターによる関連ツイートは下記の通り。








建設的なものであれそうでない場合であれ、今の段階で交代の理由が出るとは思えません。
外野が憶測巡らせても現場には何の利益ももたらさないでしょう。

本件、少なくとも現時点においては静観です。
ただでさえいろいろ大変なミッションになってしまっているから、吉川先生がお体を悪くされたのでなければいいけれど。
とにかく「はやぶさ2」関係者の皆さんが存分に腕を振るえますように。私が望むのはそれだけ。
ターゲットマーカーの名前募集(きっとやってくれると信じてる)に応募する準備はいつでもできてます。



[2012/09/15追記]
09/14付毎日新聞記事で報道が出ました。

はやぶさエンジン開発・国中教授、計画責任者に : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
 宇宙航空研究開発機構は13日、計画責任者の交代を柱とする次期小惑星探査機「はやぶさ2」の開発体制の見直しを発表した。

 はやぶさのエンジン開発を担当した同機構の国中均教授(52)を新しい計画責任者にすえ、外部の研究者を非常勤の幹部ポストに就任させる。

 開発体制と指導力の強化で、予算獲得に弾みを付けたい考え。

13日に発表とのことですが、JAXAのプレスリリースなどは出ていません。
おそらくは13日に開かれた文部科学省の宇宙開発利用部会(第3回)にて報告されたものであろうと思います。ウラを取るには議事録公開待ち。(一ヶ月ちょっとすると議事録が公開されます)
宇宙&天文 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | by すばる
<< | 2/67PAGES | >>