勝手に「赤き翼」隊歌認定。
それを主題歌としていたアニメを見ていないのだけれど
JAM Project(影山ヒロノブ) - エンブレム - エンブレム~名も無き英雄たちへ~エンブレム 〜名も無き英雄達へ〜」(JAM Project)が私の中で「赤『き』翼」のテーマ曲です。
# 「赤『い』翼」ではないことに注意。要は DS 版+アフター 前提ってことね。

歌詞

シド → セシル → ビッグス以下隊員連中 → セオドア → FF4TA終章前編のあのシーン
という繋ぎで頭の中で動画を作ると燃えますよ。


ええ、ただいまアルコール含有です。
シラフでも FF4 に燃えたいのに GBA 版の実装品質に受けたショックが延々と尾を引いていて……。
FINAL FANTASY IV | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | by すばる
小説版FF4プレビュー
博香さん経由。

ファイナルファンタジーIV 上巻 - 小説 - ガンガンONLINE -SQUARE ENIX-
にて上巻のプレビュー可能。

とりあえず校正さんお仕事がんばって。
「衛兵の鏡」→「衛兵の鑑」。
「感じる暖かさ」→「感じる温かさ」。
「精神力を必要だ」→「精神力が必要だ」または「精神力を必要とする」。
「抜刀」→「抜剣」。

第一印象としては「中学校男子向け」文体。
男性が書いたとわかる文体で、ワンセンテンスが短く独白が多い。
上下巻で纏めようってんだから仕方ないけど場面展開が速いこと速いこと
バトルシーン描写は残念ながら事実上ないに等しいです。
ファブール防衛戦、試練の山、ルビカンテ戦、ファイナルバトルはがっつり描写されることを期待。

プレビュー読了。
なるほど、この小説版のターゲットは「FF4-DS プレイ済かつ FF4TA 未プレイの人」なんだな。
率直な印象として、成人の目からは「ゲームのノベライズ」だと割り切って読む必要性を覚えます。「1つの小説」として楽しむのは難しい。
これは「上下巻で纏める都合で展開が異常に速い」のが原因か。
あくまで成人が読むなら「ネタとして楽しむ」くらいのスタンスで。

私?うん、正直コストパフォーマンスの悪い本だなとは思うのですが、下記理由により買いますよ。(おそらく再版されないだろうし)

【購入理由】
赤「き」翼は上下関係が緩いというか、お前さんセシル隊長のこと大好きだなオイ!
まさかスクエニ公式書籍で「隊長のためなら自分は死ねます」が見られるとは思わなかったぞ(大笑)。これが世に言う「公式同人」か。
詰め所で「隊長‥‥」と寝言言ってた(ように見える)のはお前さんだと認定するけどそれでいいんだな?
これで下巻ラストにて「隊長職継承」が描かれなかったら、小説の構造としてツッコミ所だなあ。

ところで飲酒描写と軍への入隊の年齢を鑑みるに、この小説におけるバロンの成人年齢は14、15歳前後のようですね。(手塚氏がセシルの年齢設定を把握しているならば。FF4本編のセシルは20歳)
それを踏まえれば小テディは12歳くらいでもおかしくないのか。



あれ?今頃気づいたけど FF4TA の大テディってもしかして30歳ちょっとなんじゃないか?眠ってたんだから。
FINAL FANTASY IV | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | by すばる
書籍データ備忘録
すっかり忘れてた!
コロコロコミックス『半熟英雄』(おちよしひこ/1993年)

1992年のスクウェアのゲーム『半熟英雄 〜ああ世界よ半熟なれ!〜』の前半部のコミカライズ。
このゲームの MAP 4 に「完熟四季王」が出るわけで、当然コミック版にも登場します。
コミック版のサマカンテのムサ苦しさは FF4-DS のルビカンテや FF4TA の大テディ に勝るとも劣らないんだ。

おち氏はゲームのコミカライズのお仕事を割と手がけておいでなのですが殆どが雑誌の付録などの単発。
そのためゲーム関連で単行本が出たのはこの『半熟英雄』と『マリーのアトリエ』くらいのはず。
FE(紋章の謎)とかミスティッククエスト(FFナンバリング外タイトル)とかも書いてたんだけどなあ。
おち氏には「連載した雑誌がなぜか休刊・廃刊になる」というジンクスがあって、このジンクスを免れたのはコロコロコミック(「スーパービックリマン」「半熟英雄」の連載誌だった)くらいではないかとまで言われてる。
「イグドラシル」(別雑誌に移って「風の惑星ゼファー」に改題)、好きだったのにこれも雑誌廃刊で打ち切られちゃったんだよ。
FINAL FANTASY IV | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | by すばる
三代目FF4サーチ開始(Public Beta)
Final Fantasy 4 SEARCH

roundog さん、お知らせ下さりありがとうございます。

ただし表題の通り挙動は「パブリックベータ」です。
というのも元々の配布ソース自体がバギーらしく、管理人さんがチューニングに苦労なさっているため。
私は Java 屋なのであまり役に立てません。
PHP 屋さんの協力が得られればいいのですが。



酒に溺れればまだまだ FF4 ネタは出てきます。
例えば「Dive in the Sky」(アニメ『プラネテス』OP曲)はシドにぴったりだよね、とか。
でも酔いがさめたら多分「うん好きだったよ、FF4」と穏やかに微笑むんだ。
ただ FF4 は愛されていてほしいと思います。これはシラフの時であってもそう思う。
FINAL FANTASY IV | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | by すばる
試練の、価値は。
私信。やーいやーいばーかばーか♪
(無論褒め言葉。そういう設定あってこそ創作のリアリティが増すのです。
 神は細部に宿る、ですよ!)



FF4TA終章前編。またの名を「大テディ煉獄編」。
※煉獄=キリスト教の俗信における「死後、救済に至るまで受ける責め苦」。
 「地獄」はキリスト教・イスラム教などでは「永遠の責め苦」になるので却下。

いつぞに某氏と
「セシルのいる部屋の入り口で、大テディとハイウィンドとローザと小テディの4人が
   私はあれを救いに来たのだ私をなめるな
   その台詞そっくり返すぞ邪魔だどけ
   お黙りなさい妻の私が行くべきよ
   主役は僕です息子の僕が救います
 と押し合いへしあい仁義無き先駆けの奪い合いをする」
くらいのことをやったって驚かないよね、なんて話をしたのですが

その解釈でも大して間違っちゃいないようで。

と前フリしたところで以下「続き」。
もちろんネタバレ。
続きを読む >>
FINAL FANTASY IV | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | by すばる
FF4世界の言語体系どうなってるんだろう
FF4TA でセシルとローザが息子に名を与えるにあたりゴルベーザの本名(DS版)を考慮したのは明らかなのですが、さてFF4世界の言語体系ってどうなってるんだろうと思うのです。
「セオドール」(何だこの英語ドイツ語ちゃんぽん読み……と思ったら、こう読む人名は実在するんですね)と「セオドア」は現実世界では同じ名の別言語読みなわけで。
前にも引き合いに出したけど 「ヨハネ」=「ジョン」=「イワン」=「ジョバンニ」の関係ね。

FF4 世界は多言語だったのか。どこに行っても会話に苦労していなかったけど。
# パーティメンバはああ見えて上流階級が多いので「国際語」を習得してても
# おかしくないけど、「そこらの町の人」とも問題なく会話できていたので
# てっきり単一言語世界なのだと思っていました。
# せいぜい地底世界で方言が出た程度ですよね。

日本における「漢字表記は同じだけど読みは違う」みたいなものかな?

[ 余談1 ]
1991 年設定資料編・ミシディア史に出る愚魔王「エイコブ」は日本慣例表記で「ヤコブ」。
スクウェア(※当時)はキリスト教信者にケンカ売っているのかと、神社派ながら内心ヒヤヒヤしたものです。ヘブライ語人名はどうしても聖書を連想させるからやめとけって。

[ 余談2 ]
前にどっかで発言したけど FF4 世界、少なくともバロン文化において「犬」は忠誠心を持たない存在であるらしい。
# 「バロン王に逆らう犬め!」(カイポでのジェネラルの台詞)
言語系統は異なるけどフレイムドッグがモンスターであることとは矛盾しませんね。
日本語で侮蔑語として用いられる「犬」「狗」は「(盲目的に、考えなしに)命令に従う存在」を意味することにご注目。
「シナリオライターさんの言語センス」というメタ解釈はしないのが礼儀。
FINAL FANTASY IV | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | by すばる
DISSIDIA 関連商品わらわら
ハーフ月の民兄弟喧嘩があるためカテゴリは「FF4」にて。
画像引用の都合上、リンク先は Amazon.co.jp。

【ゲーム】


【関連商品】
DISSIDIA FINAL FANTASY Original Soundtrack
2008.12.24 発売予定 / ¥3,000
※おそらく FF4 楽曲アレンジあり

DISSIDIA FINAL FANTASY Original Soundtrack(初回生産限定盤)
DISSIDIA FINAL FANTASY Original Soundtrack(初回生産限定盤)
2008.12.24 発売予定 / ¥3,500
※どこらへんが限定かというと「箱」。

ディシディア ファイナルファンタジー ポストカードブック
2008.12.18 発売予定 / ¥900
スクエニのサイトの説明によると
 天野喜孝氏のイラスト2枚、CGイラスト2枚、キャラクターイラスト23枚
 とのこと。
 天野イラストはコスモスとカオスでしょうから、FF4 では
 野村セシルと野村ゴルベーザ。
 あとこれは推測ですがCGでの全員集合(コスモス側/カオス側 各1枚)かな。

ディシディア ファイナルファンタジー アルティマニアα
2008.12.04 発売予定 / ¥800
※タイトルに「α」がついている辺り、「ω(Ω)」も出す気満々ですね?

DISSIDIA FINAL FANTASY POTION 〈カオス〉350ml缶*24本DISSIDIA FINAL FANTASY POTION 〈カオス〉350ml缶*24本
「カオス」(黒背景缶)はマスカット味炭酸、「コスモス」(白背景缶)はグレープフルーツ味炭酸。
IV キャラは「カオス」缶のみだそうです。



また、別件となりますが iTunes Store に「チョコボレーシング」と「チョコボの不思議なダンジョン 時忘れの迷宮」サントラが入りました。
伊藤賢治 - チョコボレーシング ~幻界へのロード~ オリジナル・サウンドトラックチョコボレーシング ~幻界へのロード~ オリジナル・サウンドトラック
「シドのテーマ」=「親方シド」
「黒魔道士のテーマ」=「ミシディア国」
「WIN!」=「勝利のファンファーレ」
他、「チョコボ」アレンジいっぱい

谷岡 久美 - チョコボの不思議なダンジョン 時忘れの迷宮 (オリジナル・サウンドトラック)チョコボの不思議なダンジョン 時忘れの迷宮 (オリジナル・サウンドトラック)
「牧場の夜」=「少女リディア」
「飛空艇のテーマ」=「魔導船」
「リヴァイアサン戦」=「ゴルベーザ四天王とのバトル」

チョコボと魔法の絵本シリーズ オリジナル・サウンドトラック
チョコボと魔法の絵本シリーズ オリジナル・サウンドトラック
2008/12/24 発売予定。
Disc 2 に「ミシディア国」収録

これで「スーパーマリオRPG」サントラもあれば正規販売ルートに乗った FF4 楽曲コンプリートも夢ではないのですが、残念ながら現時点では iTunes Store にはないようです。

2004年の Tour de Japon は CD も DVD も「販売」されないようですし(※)後はもう FF4 「最後の闘い」をフルオーケストラで聴くことさえできれば私は未練などないものを。
(でも植松さんの個人的思い入れゆえに FF4 は永遠に「愛のテーマ」なんだろうね)
※I 〜 III メドレー目的。
 植松伸夫FC会員限定DVDが動画サイトに上がっているのは知っている。
 でも私は合法的かつ一般的な入手方法を望んでいた。もう過去形だ。
 ついでにあの黒歴史、オケ版「赤い翼」のリべンジを耳にすることももう諦めた。
FINAL FANTASY IV | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | by すばる
まさかの小説化
[2008.11.15]
拙サイト廃墟の FF4 セシル 100 質にて「アニメキャラやらせるなら五右ェ門」と回答したことを思い出しました。
そのまま勢いだけでがーっとかいた落書き、該当の回答に追加しました。
(下記。ご覧の通りの質ですのでサイト更新とは言えません)

「ラグナロクと僕の腕を以てして斬れない物はない!」※蒟蒻(プリン族)除く

ああ、この回答した頃は次元の「肩に力入っていないカッコ良さ」がカインにできるだろうと夢見てたんだっけなあ。

さて。

博香氏経由。
DISSIDIA FINAL FANTASY 公式サイトにて先日の東京ゲームショーにて上映されたムービーが公開されているそうです。
博香氏に伺っていた通り程嶋セシルの演技が FF4DS とずいぶん異なっていますが、それ以上に鹿賀ゴルベーザの「甘いな」が非常に人間臭い演技なのが印象的。
(ついでに FF4DS ではマスクの下から発話しているよう聞かせるために声をこもらせてましたが、今回それは行っていないようです)

roundog 氏経由。
FF4 が小説化だそうです。
手塚一郎(著)、2008/12/25 発売、上下巻 各¥980。
今の所 Amazon には商品情報出ていませんね。
……ま、まあ、ほら、 FF2 小説版『夢魔の迷宮』なんてゲーム本編のシナリオライターさんが書いたのにストーリーがゲームと全く異なっていたしさ。
ほら、漫画版の FF1、FF3 もやっぱりゲームシナリオとずいぶん違ってたわけだからね。
小説版 FF4 のストーリーがどうなってても「まあそういうものですよね」と穏やかに冷たく微笑んであげるのが上策かと。
FF4A のあの実装品質を経験してしまえば、またしても原作を陵辱されたところでもう怒る気にならんわ。(寛大なのではなく諦めているだけ)
# ヒッポンで小説 WIZ を書いてらした……ということで思い当たるフシが
# あったのですが、私が思い出していたのはベニー松山氏でした。ちっ。



[2008.11.23]
Amazon に商品情報が来ました。




[2008.11.24 / 私信 to 博香さん]
「切る」でなく「斬る」な辺りにスタッフの意地を見ました>セシル@オーディン陛下降臨中
「斬鉄剣と私の腕を以てして斬れぬ物はない!」とぬかすとか、「つまらぬ物を斬ってしまった」とぬかすとか、なぜか三味線と尺八の音が入るとか、敵の攻撃を斬って無効にする演出が入るとか、そういうヤケクソのようなマネしてくれてませんか?(苦笑)
あ、ぐぐったら「サムライスピリッツ」「ヴァルキリープロファイル2」「魔法先生ネギま!」などにも同名の技があるそうです。
(おそらくは五右ェ門を本歌取りしての命名かと思いますが……)
FINAL FANTASY IV | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | by すばる
FF1 や FF3 ならともかく
「プレイヤーの想像の余地を残すために『主人公とヒロインは』演技を抑えろ」って、主人公が性格を与えられている FF4 で?と思ってしまうのです。
FF4 全キャラクターに対して演技を抑えろ、というなら理解できますが。
・同じ指示を出されたローザは「棒読み」呼ばわりされていない
・ファブール戦にて戦闘不能なほどズタボロなのに全く呼吸が乱れてない
・「この暗黒騎士の姿同様、僕の心も」が思春期の少年じみている(ちっとも抑えた演技じゃない)
の3点より、上述の「演技指導」とやらは「セシル=棒読み」がネット界隈で取りざたされたことから後出しした(棒読みと言われなかったら表に出さなかった)、に1票。

以下、どいつもこいつもセシルが大好きすぎてどうしちゃったの?な FF4TA について、相当に暗い話。
別題「時田さん何考えてるんすか」。
続きを読む >>
FINAL FANTASY IV | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | by すばる
「パラディンの着ぐるみ」仮説
今更ですが「カオス」と「ガーランド」が分離しちゃってるのが不思議。

18(木)発売分『ファミ通』の『DISSIDIA FINAL FANTASY』記事は見開きで例の「兄弟喧嘩」が載ってます。
光の戦士@ FF1 とセシルの描き分けやガーランド@ FF1 とゴルベーザの描き分けにはご苦労されたかと思います。その点は素直に敬意を表したく。
# 惜しむらくは暗闇の雲@ FF3 。もっと「実体のない」雰囲気にしてほしかった。

野村ゴルは膝に届かんばかりの長さの腕(劉備?)とか首の大きさとか、各パーツのデフォルメがかなりいびつになされてますね。
第一印象は「(バブイルの巨人内部の)巨人兵?」。
「人間の甲冑姿」として違和感ない体型にすると天野ゴルの持つ威圧感が出ないでしょうから、意図的にいびつにしたんだろうなあ……(苦笑)。
何せ兄さんは「脱いでもすごい人」だと判明したもんね。
(天野さん、こればかりはお恨み申し上げます。
 一応「月の民」に属する者の衣装をあんな風になさって……。
 バーサオーガかと思ったわ!/笑)

で、パラディン・セシルの得物は聖剣でなく杖のようなもの。
形状は設定資料編裏表紙で彼が持ってる杖。
カラーリングは「白黒セシル」の剣と同じ。
杖の先端が刃。
人はそれを「槍」とか「矛」と言うのでないかしらん。
(彼本人は作中で「剣」と表現するようです)

そしてパラディン・セシルは「俊敏で空中戦タイプ」なんだとか。
(暗黒セシルは「やや鈍重な地上戦タイプ」)

槍(のようなもの)を武器とする、俊敏な空中戦タイプ。

……カイン、その「パラディンの着ぐるみ」を脱ぎなさい。

本作のセシルはかつて私が狼狽した FF4DS プリレンダリングモデル以上に「美人さん」ですね。顔だけなら女だと言いはることさえできる。

さて、FF5 メンバのデザインは渋谷版になるのか天野版になるのか乞うご期待?
たまねぎ剣士@ FF3 みたいに渋谷版ベースで装飾や武器を天野版から拝借……だとしても渋谷バッツのシンプルな外見に天野装飾を持ち込むのは大変そうです。

フリオ@ FF2 にはぜひアルテマを放ってほしい。
強いアルテマなら「やっとミンウが報われる!」と、ヘボいアルテマなら「やっぱり 2 のアルテマはこうでなくては!」と、どちらにしても私は喜ぶよ。
PVでのフリオのセリフはゴードンやマリア(ついでにオリジナル版シナリオの寺田氏)に聞かせたら血の雨降るぞー(笑)。

と思ったところでふと不安になったのですが、台詞書いた人はもちろん全シリーズプレイしてるんだよね?
もちろん上述のセリフは「そういう意味」ではないのだと解釈してますが。
「20周年記念のお祭りゲームなんだから野暮言うなよ」と自分自身に対して思ったりもするのですが「記念作品だからこそ各タイトルに由来する部分はきっちりしてよ」とも思うのです。
「スマッシュ・ブラザーズ」のような雰囲気ならばともかく、シナリオが一応シリアス路線を狙っているのであれば。
# セシルが白黒切り替えできるという時点でシナリオ軽視も甚だしい気がする
FINAL FANTASY IV | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | by すばる
<< | 2/15PAGES | >>