私信4(3の方へ)
私の言語表現だと

「アンオフィシャルの異性愛は、オフィシャルの同性愛(などのマイノリティな性指向)より肩身の狭いものである」

となるんですが…過程はともかく、結論はたぶん似ているかと。
「人格を認める」を「オフィシャル情報と、そこから類推可能なものや「らしさ」に忠実である」と読み替えても許されるならば。
続きを読む >>
私信 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | by すばる
私信3(1、2とは違う方へ)
見てますよ。ただリンクを外すのが寂しくて無言のダダこねをしていました。
それで落ち込ませてしまっていたならすみません。
更新可能な環境になったら更新します。

私は信用なき愛でも「迷惑かけなきゃ」いいじゃない、と思いますけれど、自分の発言を見返すと私もまた論拠なき中傷に見えますね…。
私信 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | by すばる
私信2
単純に言えば、「食欲をこらえる獣」と「性欲をこらえる男」は互換可能な存在である、と。そういうことみたいです(※)。
なるほど、意図的にそう読んでみましたが十分可能ですわ。…さあ、萌えるがいい(笑)。すでに(メイが男性であるという仮定において)擬人化やおい同人あるらしいですし。
擬人化していない狼と山羊の「友人同士」を描いてらっしゃるファンサイトもありますよ、もちろん。

※少なくとも日本語では「食う」「飢える」は食と性(ただしこちらは俗語として)の両義ですしね。

さて、本日職場で「ふぶきのあした」まで一気に借りられたんですが…どうしよ、これ。
絵本だから職場で読めば即日返却。だが泣かずに読める自信なし!
そしてちょっと頑張って狼を描いてみようとし、あっさり撃沈しました。どうしても…どうしても、おいらが描くと柴犬になるんでやんすよ。(せめて口調だけでもガブっぽく)
続きを読む >>
私信 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | by すばる
私信
SWの面白さは音響設備に依存するなあとDVDで痛感しました。
パルパティーンがアナキンにタスケン虐殺の話をする場面、5.1ch以上の劇場ならタスケンの声がはっきり右手前方から聞こえたんですが2chでは聞こえないんですね。

> 某氏
こちらこそかえって気分を悪くさせてしまったようですみません。
や、「批判」とか「なにこれ駄作じゃん」ならば「そうっすよね、あはははは(苦笑)」だったんですが、なんというか「もうちょっとこうだったらなあ」「わからない部分があるなあ」という雰囲気を感じたので申し訳なく思った次第。
的を射たご意見でしたから全く不快には思いません。
私が「的を射た意見」に心地よさを感じるクチなのはご存知でしょ?(笑)

私のボヤキもまた私の中の世界の話ですので(だからこそそちらへのコメントという形式を避けました)、お考えを否定したりけなしたりする意図は本当に毛頭ないんです。
続きを読む >>
私信 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | by すばる
<< | 2/2PAGES |