スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | by スポンサードリンク
ゲーム音楽コンサート「PRESS START 2006 -SYMPHONY OF GAMES-」
植松伸夫です。」より。
ファミ通 Presents PRESS START 2006 -SYMPHONY OF GAMES-

開催日時 : 2006年9月22日(金) 開場18:20 開演19:00(予定)
開催場所 : Bunkamura オーチャードホール
出演予定 : 植松伸夫・近藤浩治・酒井省吾・大島ミチル
      伊藤賢治(作曲家)・桜井政博・野島一成(ゲームクリエーター)
      木村真紀(ボーカル)他
指揮 : 竹本泰蔵
演奏 : 東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団
チケット : S席¥7,875/A席¥5,250/B席¥3,150



チケット発売:2006年8月26日(土)

チケットぴあ(Pコード 238-900) Tel.0570-02-9966
ローソンチケット(Lコード 37795) Tel.0570-084-003
CNプレイガイド Tel.0570-08-9999
イープラス http://eplus.jp
Bunkamuraチケットセンター Tel.03-3477-9999
キャピタルヴィレッジ Tel.03-3478-9999

「いろんなゲームの音楽が一同に会するオーケストラコンサート」だそうです。
各出演予定者代表作は
[曲] 植松伸夫:FFシリーズ(IXまでの全曲、および X, XI, XII の一部)
[曲] 近藤浩治:『マリオ』シリーズ、『ゼルダの伝説』シリーズ
[曲] 酒井省吾:『ヘラクレスの栄光IV』『MOTHER 3』
[曲] 大島ミチル:ゲームでは『ICO』。(映画、TVでの仕事
[曲] 伊藤賢治:『ロマンシング サ・ガ』シリーズ、『聖剣伝説』シリーズの一部
[ゲーム] 桜井政博:『星のカービィ』
[シナリオ] 野島一成:『ヘラクレスの栄光 III』、FF VII, VIII, X, X-2, FF7 AC
[Vo.] 木村真紀:(アニソン歌手の模様です

「世界初、日本発、日本が生んだゲーム音楽が響きあう(SYMPHONY)」というアオリ文句は『オーケストラによるゲーム音楽コンサート』シリーズを闇に葬りたいのかとツッコみたくてたまりません(笑)。
今回のパフォーマーである東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団はまさにその『オーケストラによるゲーム音楽コンサート』シリーズのパフォーマーでした。
FF4ファンにとってはレア物であると同時に黒歴史であるオーケストラ版『赤い翼』『愛のテーマ』『エンディング・テーマ』を知る人が何人いるのやら。
(ふーかさん、その節はありがとー>私信)
その『赤い翼』の編曲をやった植松氏が本番演奏を聞いてヘコみまくり、すぎやま氏に慰められた……というのももう昔話。
指揮の竹本氏はFFコンサートでおなじみの方ですね。

FFからは『プレリュード』『ファイナルファンタジー』とあとはPS以降の FF から1、2曲……といった感じでしょうか?
野島氏が来場予定でボーカリスト参加予定ならば野島氏&植松氏が関わったFF(=VII, VIII, X, FF7 AC)から何かボーカライズするかも知れません。

もしこれで『赤い翼』のリベンジされたら大笑い。
いや、待て、伊藤氏が来場予定ってことは初代ロマサガの『オーバーチュア』が聞ける可能性が高い!?……やるとしたらミンストレルソングのほうかな……。
ちなみに伊藤氏は「ロマサガ・聖剣のイトケン」のイメージが強いですがFF4開発室にいらっしゃいます。
サウンドエフェクト いとう けんじ
「FF クリアしたら
 せいけんでんせつも よろしくね!
FF総合&音楽 | permalink | comments(0) | trackbacks(1) | by すばる
FF III "ALTERNATIVE"
  • アシモフの「鋼鉄都市」シリーズがいきなり読んでみたくなった。
  • 近所の古書店に『世界神話大事典』(イヴ・ボンヌフォワ/大修館書店 )があった。まずい、欲しい。 まずい、このままでは部屋の床がぬける日がくる。
  • FF13のコンセプトムービーを見るに、やりたいのは『リベリオン』(原題:Equilibrium)のガン=カタなのだろうか。



先日みくるど氏より「NDS 版 FF III では主人公たちに名前・性別・出身・人格が設定されている」と伺って仰天してました。
オリジナルの III では名前や性格はユーザが自分の中で作り出すものでしたから。
FF I プレイ経験済の方ならお分かりかと思いますが「名前(や性格や顔立ち)をデフォルト値のない状態から自分で作る」という行為の有無はプレイヤーと主人公の関係性において非常に大きい性質の違いを生み出します。優劣どうこうではなく、「違う」ものになります。
# 「デフォルト値がない」というのが重要

公式サイトをちらっと見てびっくり。
初期ジョブが「たまねぎ剣士」じゃなくて「すっぴん」!!!!
オニオンシリーズ消滅か!?
今回の変更点は「ポーション99個」技を再現してくれるかしらとかいうレベルの問題じゃないんですね。

「市場が望んでいる『FF』はキャラクタ固定」と判断された、それだけのこと。
それでも「うちの子自慢」文化が(一部に)あったオリジナルの III のファンたちは「うちの子たちをNDSに連れて行けない」と悲しんでいるかもしれない。
私でさえ、水子(※)となった4人の「うちの子」の葬式を心の中であげたから。
※私は III を自分でプレイしたことはありません。ですが4人の名前とおおまかな人格イメージは「与える予定のもの」として漠然と頭の中にありました。だから「水子」。

「オリジナル版 III の亡霊にとらわれた者」としては、NDS 版は「FF III アドバンス」(advance=前進)というより「FF III オルタナティブ」(alternative=別選択肢)かな。
でもオルタナティブだと思えばそれはそれで楽しそうだ。オリジナルが今でもプレイ可能なら、ね。

「本質」と言ってもいい部分を変えたからには新しいユーザーを虜にしてみせろ、頼むから虜にしてみせてくれ。
あわよくば自分も楽しみたいと思ってるから。(買うかどうかはまだわからないけれど)
もしこれで売れなかったら悲惨の一言じゃすまされないよ。
続きを読む >>
FF総合&音楽 | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | by すばる
いまいましきもの。
いまいましきもの。
寝入りに聞こゆる蚊の羽音。
退治しようとすると見事に気配を消しやがり、寝ようとすると耳元に。
ああ今日こそ殺虫剤買ってやる。

さてと、FF12主題歌のシングルは iTMS-USA にはあるんだね。(iTMS-J にはない)
アンジェラ・アキ「Kiss Me Good Bye - EP Angela Aki - Kiss Me Good Bye - EP」 $3.96(iTMS-USA)
「Kiss Me good-Bye (Featured in Final Fantasy V II)」……「V II」?

DS版FF3は08/24発売とのこと。
公式サイトにあるムービー(これもアメリカ主導に見えるが?)のBGMは「悠久の風」がよかったなあ。
FF4における「愛のテーマ」、FF3における「水の巫女エリア」はアレンジやコンサートでの使用頻度が高すぎて陳腐化してはいないかと。
FF総合&音楽 | permalink | comments(0) | trackbacks(1) | by すばる
"VOICES" コンサート曲目
VOICES music from FINAL FANASY ファイナルファンタジ-・プレミアム・オ−ケストラコンサ−ト (初回生産限定盤)VOICES music from FINAL FANTASY ファイナルファンタジー プレミアム・オーケストラコンサート
2006/06/21 にDVD発売。
(画像左が初回限定版、右が通常版)
コンサート公式ページの該当部分によると初回限定版は

  • 植松伸夫ロングインタビュー
  • アーニー・ロス(指揮)ロングインタビュー
  • コンサート制作の裏側に完全密着したドキュメンタリー映像

を含む特典映像(60分)が付属している模様。


私はチケットとれなかった組ですので曲目リストのみにて。
【第1幕】
プレリュード(FFシリーズ)
Liberi Fatali(FF VIII)
Fisherman's Horizon(FF VIII)
祈りの歌(FF X)
素敵だね(FF X)
ファイナルファンタジー・ドゥワップ・メドレー(FF旧作シリーズ。以下曲順未詳)
 ・モーグリのテーマ(FF V)
 ・街(FF II)
 ・伝統的な戦闘曲イントロ→勝利のファンファーレ
 ・ジンの呪い(FF III)
 ・ダンジョン(FF V?)
 ・トロイア国(FF IV)
いつか帰るところ〜Melodies of Life(FF IX)
FINAL FANTASY(FFシリーズ)

【第2幕】
プリマビスタ楽団(FF IX)
約束の地(FF7 AC)
オープニングテーマ〜石の記憶〜Distant Worlds(FF XI)
Eyes on Me(アンジェラ・アキ氏バージョン)(FF VIII)
Kiss Me Good-Bye(FF XII)
オペラ「マリアとドラクゥ」(FF VI)

【オマケ】
Swing de Chocobo(FFシリーズ)
再臨・片翼の天使(FF7 AC)
もう一度 再臨・片翼の天使(FF7 AC)

いくら「歌モノ」コンサートとはいえ、本当に旧作をぶった切りやがったよ………。
「ファイナルファンタジー・ドゥワップ・メドレー」が旧作だった模様。
FF総合&音楽 | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | by すばる
物語構造論概要(紹介)
【備忘録】
復讐譚の例をぐーぐる先生に尋ねていたら「女子が主人公の場合、ラストは結婚→継母への復讐だよね。シンデレラとか落窪とか。」と先生がおっしゃいました。そういえばそうだった。

山梨大学国際文化講座、森田秀二氏の講座紹介ページより「物語の世界」。
※私は森田教授とは面識もご縁もない身です。

いやぁ〜やっぱり物語構造論(の概論)読むのは気持ちいいなあ〜♪
たとえ自分の場合は下手の横好きに過ぎなくてもなぁ〜♪(滂沱)
でも適度な改行は欲しいなぁ〜(苦笑)。
# 文学系の研究者はウェブの文章でも改行が少ない傾向があります。
# 手書きの文法をウェブでも用いておいでなのでしょうね。

いや、その、あまりにも成績が悪すぎたもんで学生時代に実際にお世話になった教授のサイトにリンクはるのは胸が痛かったりするわけですよ。だもんで自分と関わりのない大学の講座にリンクしたくなるわけですよ。

おや、森田氏もSW(ANH)を例の1つに出しておいでだ。
「意図的に典型をとった」話だから使いやすいのはわかりますが、今の学生にとってSWといえば新三部作なので無用な混乱を招かないかそろそろ心配(苦笑)。


そうだ忘れてた!いつか絶対紹介しなくてはと思っていたサイト。
個人的駄文商店」の評論・随筆コーナーより「シンとザナルカンド 〜FF10の構造分析」。
プロップの話形分析でFF10(と10-2)を読むというページ。
いい加減に私もプロップ読もうかな。キャンベル先生の文章は形而上的表現が多すぎて時々頭が痛くなる(苦笑)。(『神の仮面』が読みにくいのは翻訳の問題じゃないと思う)
いつぞやの「血縁関係でFFを見たら」トーク(論とはおこがましすぎて言えやしない)、そろそろ過去の恥は過去の恥として晒し直すべきかなあ………。
今もまだ見直す事ができないんですけどね。

さて構造論としてのFF10は先方をご覧頂くと非常に興味深いので、それと離れた意見をば。
(10-2で粉砕されたようですが)FF10において「過去の記憶を夢見る者達」とその世界の住人であった主人公は世界から消滅し、後に残るのは「生きている者達」。そして繰り返される「これは {お前の | 自分の} 物語」という言葉。
穿った見方をするとFF10の裏メッセージは

ROM(Read only memory:読み出すことしかできない記録)に乗った「物語」の否定、あるいはその世界を前提とした「旅」の否定
# 否定というか「もう終わりだよ」というか

ではなかったかと。FF9が(賛否両論あれど)「古い時代のFF」へのオマージュであり別れの宣言であったなら、FF10は「ストーリー主導型RPG」への別れの宣言だったのではないかと。
FF11は「ROMを必要とする固定したストーリー」の世界ではないオンラインRPGとして発表されましたから、その当時の解釈としてはあながち間違いでもないと思うんですけどねえ……。



[2006.04.10追記]
工房K」の「ゲームの話しをしようぜ!」より、寺田憲史氏(FFでは1〜3のシナリオを担当)のインタビュー(『ゲーム批評』2001年11月号より全文引用?)。
ここで言われているのが坂口氏なのか宮本氏なのかは不明ですし寺田氏の意見の正当性・妥当性について門外漢である私は何ともいえません。とりあえず参考資料として。
3のシナリオはよくできてたよなあ、本当に。


[2006.06.05追記]
話の流れ的にこっちでもご紹介しておいたほうがいいですね。

ファイナルファンタジーVII総論:「物語」としてのファイナルファンタジーVII
FF総合&音楽 | permalink | comments(2) | trackbacks(1) | by すばる
発売おめでとう
オープニングテーマがオープニングに流れるという、しごく当然のものごとで人は涙を流せるものらしい。
1992年からずーっと、ずーっとエンディング用アレンジだったからね。
今の人にとってあれはエンディングテーマなのかもね。
オープニング曲として高らかに流れることなんてもうないと思ってた。
…でもウチにはテレビもPS2もありませんし、プレイ予定は皆無です。

SW疑惑はね、原因わかった。

最初の画面が砂っぽくて日差しが強くてバザールっぽい
 → タトゥイーン(ありゃモス・エスパだな。モス・アイズリーじゃない)
   が出て来てしまう

これがデカいんだ。そうなるともう連鎖反応的に

パレード → The Phantom Menace フィナーレのオージーの大楽団
白兵戦 → The Lord of the Rings: The Two Towers ヘルム峡谷の戦い
    (カメラワーク、画面の色彩設定など)
なんか輸送船っぽいの → The Phantom Menace 通商連合AAT
バリアの視覚効果 → The Phantom Menace グンガン・エネルギー・ シールド

こんな感じに見えてしまう次第。
ハンにしか見えない人がいると前に言いましたけど、旧三部作とキャラがカブるのはしょうがないといえばしょうがない。
だって旧三部作(正しくはA New Hope)は「物語構造上の典型例」を意図的に使用しているから。

ゲーム本編のストーリーはSWを連想させませんよね?
連想させてしまうのはオープニングムービーだけですよね?
誰かそうだと言ってくれ。
そしてiTMSにて「帝国のテーマ」がアレに似ていませんようにと本気で怯えながら試聴(もちろん大丈夫でしたよ)。
しかし妙に疑似サラウンドが効かせてあって音の定点が見つからないよ、このサントラ…。

以下、FF12内で使われている旧作楽曲(未確認情報)と、03/17 21.10現在のiTMS「サウンドトラック」カテゴリでのランキング。
アルバムランキング2位にFF4が…というより、これはもう異常事態です
続きを読む >>
FF総合&音楽 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | by すばる
植松伸夫ファンクラブ第4期募集
植松伸夫オフィシャルファンクラブ「ノビヨのしっぽ」第4期会員の募集中だそうです。
募集期間:2006.03.01〜03.31
募集要項はこちら
オーケストラコンサートの優先予約という特典は載ってませんな(笑)。まあ今までのパターンを踏襲するなら今期は該当しないからね。
…そういえば「FFコンサート」といいながら「植松コンサート」であり続けていることに対してクレームは上がってないのかねえ。
私はPS以降は(8除いて)プレイしてないから「植松コンサート」でも全然構わないんだけどさ。
FF総合&音楽 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | by すばる
天野喜孝原画展「加速 - ACCELERATION-」
ディノスからDMが来ました。今までディノスなど利用した事がないのだが?
2001年の就職説明会のついでに行った天野展しか心当たりがありません。

会期:2006.03.18(土)〜03.21(火・祝)
時刻:11:00〜19:00(最終日は〜18:00)
場所:池袋サンシャインシティ ワールドインポートマート4F A-2
入場料:
 原画展 一般600円/学生500円
 版画展示即売会 無料 ← ここらへんアコギ
サイト:http://www.dinos.co.jp/saiji/554400/map.html

'97・'99年 ニューヨーク、'03年 ドイツ・ケルン と海外での大規模な個展を開催し、新たな世界を想像してきた天野喜孝。昨年、上野の森美術館での個展「マニエラ」でも、その世界を十分に感じさせてくれました。
今回の原画展では、この展示会のために書き下ろした作品を含め、国内未発表の原画など約50点、さらに現在制作中のオブジェなども出展の予定です。


(送られて来たDM同封チラシより部分引用)
チラシには
  • 『D』より「黒衣の剣士」「妖花」
  • FF6コンセプトアート「街」
  • 「騎神来たりぬ」
が掲載されています。さて白黒セシルは来るかしら?
FF総合&音楽 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | by すばる
もうダメかもね、旧スクウェア…
某氏ブログ経由。(そのバトンの飛び先の1つは私かな?どきどき)
FF XI のアップデートパッチ当てに失敗するとFF XI 再インストールとなるのだがアンインストールの際に「〜を削除するか」に「はい」とするとWindowsをクラッシュするらしい。

【再現条件】
FF XI インストール後に Windows をアップデート(セキュリティパッチ含む?)している
再現条件不明(情報が錯綜している模様)

【原因】
FF XI インストール時にシステムファイルの一部(dllファイル等)が上書きされるため
その上書きされたファイルが Windowsの更新で更に上書き
 → FF XI アンインストール時に不整合発生

システムファイル上書きまでは本当っぽいが、他部分は情報錯綜中(本来ユーザが検証すべき話じゃないしね)

【回避方法】
FF XI アンイントール時の「〜を削除するか」に「全ていいえ」を選択し、アンインストール終了後に手動でゴミファイルを捨てる
# 詳細なファイル名までは私は調べていないので該当者は頑張って下さい
または
本件の不具合回避パッチを当てた上でアンインストール
 →残ったゴミファイルはFF XI 再インストール時に削除されるそうな

そして例のごとく(?)サイトにこの件についての告知なし、と。
 → 26日現在サイトの最下段に告知ありとのこと

何考えてんだ、あの会社。
そりゃあFF4Aのバグなんか放置されるわけだわ。
コンシューマゲーム機のフリーズやセーブデータの破損なんて、パソコンのOSクラッシュに比べればかわいいものだもん。

もう涙も出ない。とりあえず1つだけ。
もう旧作のリメイクだの移植だのを出すな。二度と出すな。
ところでシステムファイルを上書きするのって、Microsoft の規約的に大丈夫なのか?そして根本的解決法ってないんじゃないか?(Microsoftが動けば別だけどありえないし)

…もういいよ、無理しなくていいよ旧スクウェア。ゆっくりおやすみ、これ以上無様を重ねるくらいなら。
FF総合&音楽 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | by すばる
VOICES music from FINAL FANTASY
[2006.02.18追記]実際の曲目はこちら

チケット確保できた皆さんおめでとう、楽しんでこいよー!

VOICES music from FINAL FANTASY
指揮 :アーニー・ロス
演奏 :プリマビスタ・フィルハーモニック・オーケストラ
ゲスト:白鳥英美子、RIKKI、増田いずみ 他豪華ゲスト出演
   (アンジェラ・アキ参加の旨、植松ラヂオにて発表あり)
   (清田まなみ参加の旨、ファミ通PSに記載あり)
日時 :2006年2月18日(土) 16:00開場/18:00開演
会場 :パシフィコ横浜 国立大ホール

※チケットは完売しました※

以下、演奏曲目予想。
続きを読む >>
FF総合&音楽 | permalink | comments(0) | trackbacks(1) | by すばる
<< | 2/4PAGES | >>