スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | by スポンサードリンク
『CAROL』は永遠の名盤
「Get Wild」は永遠の名曲。

それだけは確かだ。何が起きても。


何が起きてしまったとしても。


ただ、それだけ。
木根さん、宇都宮さんは辛いだろうなあ。

雑記 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | by すばる
次の機会は約60年後
出雲大社の本殿が59年ぶりに一般公開されてるんですよ
○期 間
・4月21日(月)〜4月23日(水)
・4月26日(土)〜5月6日(火)
・5月13日(火)〜5月18日(日)
・8月 1日(金)〜8月17日(日)

○時 間  午前9時30分〜午後5時
 (受付時間 午前9時から午後3時30分まで)

さすがは出雲大社というべきか、服装規定あり(Tシャツ・ジーンズ不可)。
喪中の人や血を流している人(月経中の女性や怪我人)が排除されてないだけでも出雲社はだいぶ譲歩して下さってると思います。
オオクニヌシがどう思し召しているかはわからんですが。
雑記 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | by すばる
04/26長野北部:曇り後雨 5℃/19℃
実家の墓があるお寺さんの宗派もコメント出したことは確認した。

アンサイクロペディア(ウィキペディアのパロディサイト)の「エクストリーム・聖火リレー」は実に強烈なユーモア(ウィット?)。
あげくに初音ミクディレイ・ラマ(ともに合成音声生成ソフト)使いが曲まで作る始末。



あ、「軍事板常見問題」まで
わざわざ項目作ってる……。

運営/観衆問わず全ての参加者へ。
他者を傷つけないよう、自らも傷を負わないよう気をつけて下さい。
正直、「腕力にモノ言わせる」ような妨害行為は見たくありません。
どうせなら、かの伽藍のように華麗にね?



刑法第92条 外国国章損壊罪
1項「外国に対して侮辱を加える目的で、その国の国旗その他の国章を損壊し、除去し、又は汚損した者は、二年以下の懲役又は二十万円以下の罰金に処する。」
2項「前項の罪は、外国政府の請求がなければ公訴を提起することができない。」

日本国において他国の国旗を辱める行いは絶対にしてはいけません。
犯罪として定義されているという点もありますが、品がないと見なされ逆効果もいいとこです。



[2008.04.29 追記]
リレーに飛び込んで逮捕された台湾籍のチベット人男性は威力業務妨害容疑で長野地検に送検された、と報道されてますね。
http://www.yomiuri.co.jp/olympic/2008/news/topic/national/news/20080427-OYT1T00474.htm
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/080428/crm0804280010000-n1.htm
法は「理性」が司るものです。法知識のない人間が感情で(それが例え純粋な正義感であっても)法運用に意見するのは避けるべきことです。(光市母子殺害事件における弁護団懲戒請求騒動がいい例)
それを承知の上で、彼には寛大な措置がとられることを願ってしまいます。

……こういう「善良/人道的な(あるいはそう見える)」意見を表に出すときは「反社会的な」意見を出す時以上に慎重になりたいと思っています。
「善良な」意見が暴走した時、それを止めるのは「反社会的な」意見が暴走したのを止めるよりも難しいからです。

[2008.05.25 追記]
フォローが遅れました。
04.29 追記で挙げた逮捕者3名(チベット2世男性含む)ですが罰金20万〜50万円の略式命令を受け、支払った上で釈放されたそうです。
SBC 信越放送サイト記事

罰金の違いは何に由来するのかちょっと知りたい。
(政府がどうこう外交がどうこうの話でなく、法運用の話として)
雑記 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | by すばる
Perhaps you will dream of HAL
サー・アーサー・チャールズ・クラーク(Sir Arthur Charles Clarke)
1917/12/16生。
2008/03/19没。
享年90。

「博士、私は夢を見るでしょうか」



野尻ボードより。
Make: Tokyo Meeting(04/20)にてスターデストロイヤーが飛ぶ(予定)そうです。



エクセレントモデルA.I.シリーズ 宇宙家族カールビンソン おとうさん&コロナちゃん
エクセレントモデルA.I.シリーズ 宇宙家族カールビンソン おとうさん&コロナちゃん

おとうさんだ!おとうさんだ!!!!
雑記 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | by すばる
優先順位リスト作成を要す
昭和のロケット屋さん―ロケットまつり@ロフトプラスワン (Talking Loftシリーズ)『昭和のロケット屋さん―ロケットまつり@ロフトプラスワン (Talking Loftシリーズ)』(発売中)
「そういう時代だったんです」の一言に凝縮されるあんな話やこんな話、載せちゃったのかなあ(笑)。

惑星地質学』(「異星の踏査」展図録の書籍版)

FF4-DS および DS 本体(いつかは購入せねばならん)

FF4-DS 各種攻略本

-Final Fantasy 20th Anniversary- ファイナルファンタジー レミニセンス『-Final Fantasy 20th Anniversary- ファイナルファンタジー レミニセンス』(発売中)
ナンバードタイトルとスピンオフを網羅しているとのことなので、「4だけ」を目当てにする私にとっては躊躇する一冊。
本としてのコンセプトは(あざとい商売だとは思いつつ)好感持てます。
『ファイナルファンタジー 20thアニバーサリー アルティマニア File1:キャラクター編』(01/31発売予定)
『ファイナルファンタジー 20thアニバーサリー アルティマニア File2:ワールド&ストーリー編』(03月発売予定)
『ファイナルファンタジー 20thアニバーサリー アルティマニア  File3:バトル&スペシャル編』(05月発売予定)

02月:「FINAL FANTASY IV THE AFTER ─月の帰還─』序章配信開始
 (私の場合は「携帯電話機種変更」必須)

書籍群はともかくとしても、FF4-DS 一式と携帯機種変更を同時に片付けられるほど財布はぬくくねえぞ。
(機種変更=DoCoMoのバリューコースにするつもり=端末代金5〜6万円)
さあどうすっかなあ〜(泣)。
雑記 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | by すばる
奴らは今年もやる気だねえ。
NORAD(北米航空宇宙防衛司令部)年末恒例のアレ

もう毎度毎度恒例すぎてマンネリといえばマンネリなんですが、それにしたってれっきとした軍事組織がクソ真面目にやらかしてるんだからなあ(笑)。
雑記 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | by すばる
汎用妄想補完端末!
「はやぶさ2」関連でぐるぐるぐぐっていたところ、「泣いて謝るのはこっちでした。」さんにて面白そうな動画
一応動画自体の著作権とか肖像権とか大丈夫か確認したら、動画内でのプレゼンテーターである庄司道彦氏がご自身のサイト(WINGOVER.JP)にて動画をご紹介しているくらいなので大丈夫みたい。

ちょっと音声が聞き取りづらいですが、まあ見給いや。
「『ヴァーチャル』という単語自体が今や古くさくなってしまい、気付けば世の中は『萌え』ばかり、それならば……」でお茶を吹き出しそうになりました。
雑記 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | by すばる
今週末は投票日です。
/.-J 「あなたに合った政党を答えます」より。

などなど、一問一答形式で「もっとも考えの近い政党」を出すサイトがいろいろある模様。
ただ「一問一答」の常として「設問がシンプルにされすぎていて玉虫色の解釈ができてしまう」のが難点。
# ああ、もちろん上記の「お手軽診断」が常に適切な結果を出すなんてことは
# ありえませんので念のため。
# あくまで参考/とっかかりに留め、後は各自調べましょー。
# だから「ネット上に政見/公約を出す」のを公選法運用上認めてくれよ。
# 街頭演説を聞くために有給とれってのか、ええ!?

ともかく有権者諸兄、投票に行きましょうや。

軽薄なことを言えば、重大事件の判決に納得がいかなかったら選挙の投票と同時に最高裁判所の裁判官へ直接的に力を行使する機会が与えられるんですぜ。
(最大で10年間その事件の事を記憶していられるならね。
 ついでに今回は参院選だから最高裁判所裁判官国民審査はないけどね)
雑記 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | by すばる
(不本意にも)経験者(である人)の目線から。
「抗うつ剤:「パキシル」服用の自殺者増加 副作用の疑い」
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20070628k0000m040173000c.html
ただいま元の調査結果を検索中。厚労省サイト&医薬品医療機器総合機構サイトで「パキシル」「塩酸パロキセチン水和物」で検索してるんですが1週間以内にリリースされた文書で該当するのはなさそう(見つけた方がいらしたらご指摘いただけるとありがたく)。来週にWebにアップするのかあ???

SSRI(選択的セロトニン再吸収阻害剤:抗うつ剤のタイプの1つ)の副作用でどうこうというと2004年のハイジャック事件も「抗うつ剤が原因」と報道された記憶があります。
で、それに対するとある精神科医の見解は「あり得る」でした。(ハイジャック事件の精神鑑定および判決についての同医師の見解

じゃあ SSRI は「特別に」危険なのか?

把握しなくてはならないのは
A)SSRI(あるいは抗うつ剤の多く)で興奮することはある
B)うつ病は回復期が一番自殺リスクが高い
の2点。
(続く)
続きを読む >>
雑記 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | by すばる
久方ぶりに国文出身らしいネタ
金印偽造事件 「漢委奴國王」のまぼろし口語訳古事記 完全版』(文庫版神代編文庫版人代編)からこっちぼちぼちと買っている三浦佑之教授(古代文学者)の本ですが、『金印偽造事件 「漢委奴國王」のまぼろし』(幻冬社新書15/2006年)はズバぬけて「ウサン臭い」一冊です(笑)。後書きで「ウサン臭いもんだから出版社に断られ、幻冬社が新書として入れてくれた」(大意)と種明かしするほどウサン臭い。

「田んぼ耕してたら土の中から金印が完全な形で出て来た」というおなじみの話を「すげえ偶然だねえ」と思う人なら「なんか……やっぱり『すごい』偶然ですよねえ?」という気にはさせる、そんな本ですね。

こと古代研究というのは「偽書」や「デッチ上げ」を常に視野に入れなければならない(※)。『尊卑分脈』(古代研究やる上では必携の家系図集)を見る時でさえ「『尊卑分脈』成立期の認識である」という姿勢でいなければならない。
それを前提として読む分にはいいんですが……やっぱり古代研究の学生の前での講義ならともあれ、一般向け書籍にするにはキビしい内容です。
アカデミックな場ではこの内容で十分なんです。だって「研究対象としての存在感」を十分もっているから。でも一般向け書籍の場合は「結論/結果」でないと受け入れてもらえない(学術的な仮説もトンデモ仮説も専門外の人には見分けつかないから)。
話としては興味深いんだけどなあ、本にするには(本の中で三浦教授自身も認めているけど)物証とデータが致命的に足りない……。(露骨に言ってしまうと「と学会」ネタにされても文句いえない、そんな印象)

※本の中で「神の手(ゴッドハンド)」なんて単語がさらりと出る辺り「三浦節」健在なり。(上高森遺跡なんて試験勉強で必死で名前を覚えたんだぜ、ちくしょう)

まさかこれを一般向け書籍として出した理由は「金印を科学分析したいから(そのために物議をかもさせよう)」なんじゃあるまいな、実は読者がどう受け取るかなんて興味なくて(笑)。

というわけで、古代研究専攻の人以外にはおすすめできかねる本です。
でも本件、調査続行してほしい。文科省さんおカネくださーい(涙)。
ああ、あとこれは本の主旨から外れる内容ですが、あの印は「朱肉を使う」のではなくて粘土で封印した上に押す(現代だと蝋で封印した上に押すように)ようにして使うんだ、とか金印を蛍光X線分析すればもっと分かる部分があるのに、とかは面白いっす。
なお、あとがきからこの文章は引用しておこうかと。
もし、金印「漢委奴國王」が真印だということが証明されるようなことになったら、悪びれず、慌てふためくことなく、誠心誠意お詫びをしたい。そして、浄満寺(福岡市中央区)に行って、亀井南冥・昭陽父子の墓前に額づくことにしたい。
ぐえ、今春に『古事記のひみつ―歴史書の成立 』『古事記を旅する』も出てたのか。とりあえず『ひみつ』のほうは読むか……。



やや旧聞に属する話ですが、坂上田村麻呂の墓所(の可能性が非常に高い墓)が見つかったようで。鏃とかが副葬品として出ているようですが、甲冑一式出てこないかなあ。あの時代の甲冑は資料が少ないんだよー。
雑記 | permalink | comments(0) | trackbacks(1) | by すばる
<< | 2/9PAGES | >>