スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | by スポンサードリンク
「はやぶさ 遥かなる帰還」見てきました
カテゴリは「映画」だなあ。

東映「はやぶさ 遥かなる帰還」見てきました。
はっきり言うと本作の宣伝には不愉快な印象を抱いていますが(率直に言うと「えげつねぇ、おとなげねぇ」。競合作品各社が「お互い頑張りましょう」というエールを送りあう姿勢をしてたのにガン無視ですからの)、本作自体は説得力のある良い映画です。
事実にそぐわない箇所(衛星運用上ありえないはずの描写とかこの当時はこの名前じゃない/これは存在しないとか)はあります。しかし映画として良い作品なので個人的にはそういう箇所を無視できました。
※私が「ツッコミ所を無視できる」というのは相当なことです

この作品を見る際、専門用語や「この場面で何をやっているのか」がわからなかったらスルーして物語に専念したほうが良いでしょう。それらを無視しても物語自体は十分に追えます。映画としてよくできていますから。

個人的に一番感銘を受けたのがロストの46日間の「報われない作業と精神的な疲労蓄積」の描写。
個人的にはリエントリのシーンよりもこのシーンに賞賛を送りたい。
あと、山崎努さんの演技がいい。爪が汚れてるという細かさもすごくいい。

ただし、間違っても本作を前提にした質問をリアル「はやぶさ」関係者にしないであげてほしいと思います(苦笑)。本作、「映画的リアリティ」は非常に高いのですが、リアル「はやぶさ」はぶっちゃけ「事実の通りに描けば描くほど嘘っぽい」ので(苦笑)。
※「リアル」かどうかで言えば本作よりFOX「はやぶさ/HAYABUSA」に軍配が上がります。特に宇宙研のノリの描写と宇宙科学に携わる者の難儀の面の描写で。映画作品としては本作に軍配かと。

でもこれだけは言いたい。先生、駅は反対方向です!(笑)

繰り返しますが映画としては実に良い作品です。
自分がなまじ復路からリアルタイムに「はやぶさ」を追っかけてたゆえに作品に酔えないのが残念なくらいにね。

【競合作品と比べて】
  • 「はやぶさ」それ自体に思い入れがある、または「はやぶさ」のミッション過程や成果に興味があるなら「HAYABUSA -BACK TO THE EARTH-」
  • 「はやぶさ」チームという人々に興味があるならFOX「はやぶさ/HAYABUSA」
  • 「映画として骨太な人間ドラマを楽しみたい」なら本作
をお薦めします。

【関連記事】
「はやぶさ」映画情報整頓
東映『「はやぶさ 遥かなる帰還」オフィシャルJAXAツアー』の代理取材してきました

【宇宙研は見学できます】
本作の主な舞台になっている宇宙研は見学可能です。詳細は ISAS | 相模原キャンパス見学案内 に譲ります。
ご興味のある方は毎年7月末に開催される特別公開にぜひ。実際の研究者さんたちがどんな方々なのかが(色んな意味で)よくわかります。本作のイメージ抱いて見に行くと愕然とすること請け合い(笑)。
※天文衛星各チーム、遠慮はいらないから思う存分やっちゃって下さい!
 色んな意味で宇宙研本流はあなたがただ!

【オマケ:競合作品感想】
『HAYABUSA - BACK TO THE EARTH -』観てきました
「はやぶさ/HAYABUSA」観てきました

【本作の専門用語や場面の意味を知りたい方は】
『はやぶさ、そうまでして君は』(川口淳一郎)
『飛べ!「はやぶさ」 小惑星探査機60億キロ奇跡の大冒険』(松浦晋也)
などを読まれるのが最短ルートです。
※『飛べ!「はやぶさ」』はローティーン向け
以前私が作った「はやぶさ本選択チャート」もお役に立てば良いのですが。(2011年夏以降に出た本は反映されていません)
映画・STAR WARS | permalink | comments(4) | trackbacks(1) | by すばる
「はやぶさ2」ポータルサイト進行中と聞いて(ガラッ)
皆さんこんばんは。今日は「はやぶさ2のアウトリーチ」に関するブレインストーミングを行ってきました。色々と野心的なアイデアが、若手からどんどん出されて非常にエキサイティングでした。「はやぶさ2ポータルサイト」も着々と準備中ですよ!(IES兄)

「はやぶさ2ポータル」には色々な人に楽しんで貰えるようなコンテンツをあれこれを考えています。「こんなことできる?」「こんなこと知りたいな」というアイデアがあれば、mentionを飛ばして下さい。出来そうなものは積極的に採用したいです。ご協力宜しくお願いします!(IES兄)


よっしゃ来たぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!

……というわけで。
「現実的に可能かどうか」を検討外にして(ごめんなさい)「見たいもの、ほしいものリスト」を書いてみる。
ごめんなさいついでに、あくまで「私が」見たいものなので子供さん対象については考えてません。

基本方針としては「居住地域による情報格差が極力避けられるように」。


  • 情報の一元化
    (先代はJAXAサイト内でも複数のサイトがあるような感じになっており「どこを見れば最新情報が得られるのか」がわかりにくかった)
  • 英語での情報発信の充実(unmannedspaceflight.com も力強いサポーターです)
  • フライトモデルの詳細な写真
    (ファン創作や模型製作資料として)
  • 距離と方角
    (できれば太陽固定慣性系の軌道図と、星図の中に「今このへん」と図示されたものの2種)
  • 講演・イベント情報
  • 特別公開などで掲示されるパネル・ポスターの画像/PDFファイル
    (過去、遠方の人は行けた人が掲載した写真を読むしかなかったため。カプセル展示でもパネルを指して「こういう資料はどこで見られる?」という質問あり)
  • パブリックドメインな画像、動画素材
    (今までの応援動画って著作権法的にはクロなケースが多いので……)
  • ターゲットマーカに載せる名前/メッセージの募集
  • 継続的な情報発信
    (日常の運用で使う用語の紹介5行とか、そういうレベルで十分。とにかく途切れさせないこと)
  • 運用の中継、オンライン番組(コメントなどにより視聴者との双方向性対話があると嬉しい)
  • 関係者メッセージなど、「個々人」が見えるようなコンテンツ
    (「中の人」という抽象的認識と「○○先生」という具体的認識とでは意識が変わる。あくまで私の例ですが)
  • 打上げ日までのカウントダウン&打上げ日からのカウントアップ(ならびに航行距離かΔv)
  • (子供さんがいるご家庭向け?)打上げ、小惑星到着、小惑星離脱、帰還のそれぞれの時期の写真の募集
    (実運用上、募集はプライバシー観点上難しい話。チームの集合写真のほうがいいかな?)
  • 参考書ガイド(子供向けから大人向けまで広い範囲で)
  • 特別公開スタッフTシャツ(or 販売Tシャツ)デザインコンペ
    T-SELECT みたいな感じでデザイン投稿&投票を開放して行う。ネタ画像が一位とっても泣かない。
  • 音楽で同じことやってコンピレーションアルバムも作れる。
    が、かつて「JAXAのテーマソング」募集で同じことやった際は後にその曲が活用されなかったという苦い過去。
    (「かぐや」のテーマソングもそうだったね)
  • 「名前だけスーパーバイザー」
    下らないけど、運用室に自分の名前が置いてあったら楽しいなと。
    例えば日替わりとか週替わりで運用室の卓上にファンの名前が置いてあって、「今週のはやぶさ2(仮)」みたいなページに「今週の E/PO スーパーバイザー」として名前が掲載されるの。
    運用記録に載っちゃったりしたら私はその記載された日を忘れないね。
    (ただし、これをやる場合は「その日/週の運用概要」も出さなきゃならないので現場負担が大きい)


(多分追記する)
宇宙&天文 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | by すばる
次への、1つの区切り。
【2012/01/24】
この日配信された ISASメールマガジンは細田聡史氏(IES兄さん)による「はやぶさ鉄道換算・完結編」。
01/31(火)にアーカイブされると思われます。

同日発表されたのがこれ:
JAXA|「はやぶさ」サンプル国際研究公募の実施について

「はやぶさ」ミッションで得られた小惑星イトカワ試料のカタログができあがり、国際研究公募フェーズに。
初期分析段階でも「Science」で特集が組まれたので、今回の国際研究でも山のような成果が出そうです。
とはいえ、これからはかなり専門的な分野の話となるし解析&成果発表も「今後数年」というスパンになるのかな。


【01/25】
この日の宇宙開発委員会にて「はやぶさ2」が「開発フェーズ」入りしたとの報道。
現時点では議事録はまだ出ていませんが

と、異なるソースから同一の内容が出ていることから報道は事実と見て良いでしょう。


【01/26】
鳥取県GJ!イトカワ試料のリアルタイム映像が公開!
時事ドットコム:イトカワの微粒子、一般初公開=2月に2日間、鳥取・倉吉で
抽選で当たると、岡山大地球物質科学研究センター(鳥取県三朝町)の電子顕微鏡を会場から遠隔操作できる。映像はスクリーンに映し出され、来場者全員が微粒子を観察できる。



個人的に、この3日間のニュースで「1つの区切りがついた」と思います。
「はやぶさ」の成果は「観測データの科学解析」「工学」から「モノの科学分析」へ。
そして「はやぶさ」の後継ミッションが正式にGo。
「はやぶさ」で得た広報、教育面成果もさらに発展させていってほしいと思います。
(訳:外野にとっちゃ広報が頼みの綱なのですよー)


「はやぶさ」は色々とドラマティックすぎたし、私自身も感情過多気味だった自覚があります。
「はやぶさ2」はできるだけ淡々と進んで欲しい。私自身は「崇拝ではなく冷静な理解と応援」ができればいいな。
宇宙&天文 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | by すばる
武豊町「はやぶさ」実物大解説用模型製作チーム談話(3〆)
武豊はやぶさ実行委員会の実物大解説用模型製作ドキュメンタリその3。

製作指揮をとられたMさんに頂いたメールをご本人の許可を得て転載しています。
続きを読む >>
宇宙&天文 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | by すばる
武豊町「はやぶさ」実物大解説用模型製作チーム談話(2)
武豊はやぶさ実行委員会の実物大解説用模型製作ドキュメンタリその2。

製作指揮をとられたMさんに頂いたメールをご本人の許可を得て転載しています。
続きを読む >>
宇宙&天文 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | by すばる
武豊町「はやぶさ」実物大解説用模型製作チーム談話(1)
千葉県立現代産業科学館特別展では武豊はやぶさ実行委員会から実物大解説用模型をお借りして展示&解説に活用させて頂きました。
その際、個人的に問い合わせたい由があって模型製作指揮をとられたM氏(お名前出していいか確認とり忘れたのでイニシャルで失礼)に連絡。
問い合わせについてのお答えと一緒に「実物大解説用模型製作ドキュメンタリ」も頂いた次第。
「これ、私一人で楽しむのは勿体ないです。私のブログに上げてもいいですか?」
「構いませんよ」
というやりとりがありまして、下記に転載させて頂きます。

テキストのみで 41 kBありますので、複数に分けての掲載となる点、ご了承下さい。
続きを読む >>
宇宙&天文 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | by すばる
宇宙酔2012新春のお知らせ

宇宙酔2012新春


はじめに

「はやぶさ」をはじめとして、数々の人工衛星を手がけてきたNEC航空宇宙システム。
この会社は衛星本体の制作だけではなく、メーカーの立場から運用にも深く関わっています。
中でも今回ゲストにお迎えする小笠原雅弘さんは、「さきがけ」「すいせい」の頃から実に30年近くも太陽系探査の仕事に従事されてきました。
ご専門の軌道制御などについてお伺いできるかと思います。

食べ飲みしながら皆で楽しく過ごせればと思います。


主催について

主催者はただの在野の宇宙好きです。
イベント運営やトークのプロによらない、自主的・非営利のイベントです。スムーズな運営に努めますが至らぬ点がありましたら本エントリ末尾の連絡先、または開催後に設置予定のアンケートフォームでご指摘下さい。


イベント概要


  • 日 時:2012/01/28(土) 18:30〜20:30(開場18:00)
  • 場 所:パーティスペース Roman
    東京都文京区湯島 3-40-7 5F [地図]
    JR御徒町駅:徒歩3分
    地下鉄銀座線/大江戸線:上野広小路駅(A4出口) 徒歩1分
    JR御徒町駅からステップバイステップによる会場までの行き方
  • ゲスト:小笠原雅弘(NEC航空宇宙システム)
  • 司 会:guicheng
  • 会 費:¥4,000(飲食代込み ※飲み放題)
  • 定 員:35名
  • 二次会:21時より希望者のみで 七福ろう 上野御徒町店 にて。 飲食代別(その場で注文するスタイル。3000円程度)
  • 中 継:今回は中継を行いません、ごめんなさい。
  • その他:今回は録音・撮影禁止になります、ごめんなさい。個人的にメモをとるのはOKです。

注意事項

  • 頂いた個人情報は本イベントの運営、今後のイベント告知、事後の連絡に使用し、他の目的には使用しません。

    • 今後のイベント告知が不要の方は、参加申込フォームの「今後の告知 不要」のチェックボックスにチェックを入れてください。頂いた情報を今回限りで破棄します。

  • 会場内は禁煙です。
    喫煙者(私もですが)の皆様、お煙草は受付カウンター横の非常口の外でお願い致します。
    (屋外なのでめっちゃくちゃ寒いです。お覚悟を。)
  • イベント開催後にアンケートフォームを設置する予定です。次回(も開催したいと思っています)の運営の参考にしたく思いますのでご協力頂ければ幸いです。

参加申込はこちら




お問い合わせ先:guicheng

  • mail: spacedrunk2011[at]gmail.com
  • Twitter: @guicheng

スタッフ:宇津巻竜也、大島佳世子、大貫剛、すばる、まこと。
ロゴ作成: 宮崎ドイツ





私は当日、受付やってまーす。
宇宙&天文 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | by すばる
東映『「はやぶさ 遥かなる帰還」オフィシャルJAXAツアー』の代理取材してきました
当該ツアー、私は落選していたのですが急遽「代理取材」ということに。
「岩日誌」の岩本塚さんが事情により参加できなくなるというアクシデントが発生したのです。
というわけで、取材成果は(文章・画像の著作権含めて)本来行かれるはずだった岩本塚さんに譲渡させていただきました。

→ 『「はやぶさ 遥かなる帰還」オフィシャルJAXAツアー』に行ってきてもらった!(←?) - 岩日誌
宇宙&天文 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | by すばる
お手伝いと、多分、見納め
昨年7月、東金市での「はやぶさ」カプセル展示で解説員としてお手伝いしてたら千葉県立現代産業科学館の方がいらしていて(以下省略)。
というわけで、現代産業科学館にて2012/01/06〜01/10に開催された「はやぶさ」カプセル展示のお手伝いしてきました。
今回も人に話せる知識/経験を持つ人(01/09午後はリエントリ目撃者も参戦)、宇宙教育リーダーなどたくさんの方々にお力をお借りしています。皆さん、本当にありがとうございます。この借りは労働で払わせて下さい。

今回私は解説員と館との間における情報集約・展開係として動いておりました。
もし会場で「はやぶさ君」ぬいぐるみを持ってあちこち歩いていたのをお見かけでしたらそれ私です。
※ぬいぐるみは説明用に持ってました。説明に便利なのですよ、あの子。

元ISASロケット班長の林氏所蔵のペンシル実機も展示していたんですよ。
ペンシルの発射実験は東大生産技研(現在では千葉大学の敷地内)でもやってたのです。

内部向けの立場だったため私自身が来場者さんがたとお話する機会は多くありませんでしたが、解説メンバとお話しされていた方々が「はやぶさ」ミッションに向ける興味は実に多様でした。
「健気な偉い子」
「どうやって子供を技術者/科学者の道へ進ませるか」
「(『国民への夢と希望』の類でなく)学術ミッションとしての最大の成果は何か」
「宇宙探査ミッションへの投資が社会に還元されるのは何十年くらいかかるか」
「イオンエンジンの原理を知りたい(特徴ではなく原理)」
「今回見つかった微粒子は科学的にどういう意味を持つか」
などなど。
その多様性を見越して「物語」から「教育」「工学」まである程度はカバーできるよう解説メンバをアサインしましたが(理学と経済が弱かったのはひとえに私の力不足です)、いやはや本当に幅広かったです。

興味深かったのは、(私が女性だったからかも知れませんが)私が見る限りにおいて「本気で興味を持っている女の子」が目立ったことです。
一般的に男児より女児のほうが精神年齢は高いものですが、それにしてもメモ帳にびっしり質問を用意してきた7歳のお嬢さんには驚嘆。
そういう方には(説明自体はわかりやすくしつつ)本気でお答えするのが礼儀でございましょう。
説明自体は記憶してもらえないかもしれないけど「大人が『子供扱い』せずに説明してきた」ことは覚えていてくれると嬉しいな。そうしなければ申し訳が立たないくらいに彼女は本気だったんだ。

以前、私は「ロケットは真上に飛ぶ」と思っていた身でした。
それが4年間オンラインで(はっきり言ってしまうと2ちゃんねる天文・気象板「はやぶさ」スレで)色々と教えてもらったわけで、これは私にとって大きな借りでした。
東金、市川のカプセル展の解説で少しは借りを返せたろうか。
(そして私の我がままに巻き込まれてくれた解説メンバの皆さんに新たに借りをこさえる、と)

「はやぶさ」のカプセル展示ツアー、おそらく私にとっては今回が見納めになるでしょう。
(茨城、群馬まで行くのは体調管理上ちょっと無理が出そうです)

より大きな地図で 「はやぶさ」カプセル展示開催地 を表示


じゃあね、「はやぶさ」。これからのツアーでも皆にかわいがってもらっておいで。
次に会えるとしたらどこかの科学館/博物館のガラス板の向こうになるね。
お前の旅を見守るのは途中からだったけど、お前の弟たちの旅は最初から見守ることができてるよ。
おかげで調べることがいっこうに減りゃしない(笑)。


そうそう、今回のイベントでこれは絶対に忘れちゃいけない。
武豊「はやぶさ」実行委員会からお借りした実物大解説用模型。
なんだありゃ気違いか!?!?(注:賞賛です。本気で賞賛です。他に表現できないのですよ)
だって、だってさ、ターゲットマーカがちゃんと再帰性反射材でできてるんですよ!
フラッシュたけるカメラをお持ちの方にまず写真を撮っていただいて、TMとフラッシュ(もちろん模型にはフラッシュ部分もONC-W1も存在する)を使った自律着陸の説明ができるんですよ!

太陽電池パドルはハニカム材だしイオンエンジンは点火するし太陽電池も1枚1枚独立して貼付けてあるし!

製作指揮をとられた方に「解説用模型製作の解説」をいただいたので、落ち着いたらブログに掲載しますね。(掲載許可はいただいています)
いやなんつーかもうね、読んだら「賞賛として」アホかバカかと言いたくなること請け合い。スキルのある人が本気だすとこうなるんだ……。
宇宙&天文 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | by すばる
「はやぶさ2」の件
まず結論から。
今回私が何がしかの行動を起こしているにせよ起こしていないにせよ、私はそれを表明しません。

既報の通り「はやぶさ2」予算については困難な状況にあるようです。
「はやぶさ」前プロジェクトマネージャの川口教授が(おそらく首を賭ける覚悟で)政治的なサポートを一般に向けて依頼するほどですから、相当な状況にあると言えます
→ はやぶさプロジェクトサイト:はやぶさ後継機に関する予算の状況について

感情でのみ言えば「はやぶさ2」、そりゃ見たいです。
私は以前「はやぶさ2が帰ってくる2020年が『はやぶさ』の本当の終わりだ」と言っているんですから。

自分自身が「政治的な行動」を起こすとなると感情だけで動きたくない。
私自身が「感情論だけの市民活動」に対して「うさん臭い」と感じるから。
すると後付けであれ何であれ、理屈めいたことを考えることになる。

【躊躇材料】
・「震災復興」を理由とした削減である
  5〜10年スパンの話と20〜50年(あるいは100年?)スパンの話は
  同じ次元で比較できず、「バランス配分」で考える必要がある。
  私自身はダメージの大きい地域の状況を十分に把握できている訳ではないため
  「バランス配分」にまでは心理的に言及しかねる

・「はやぶさ2」理学面検討が安定しきっていないように見える
  2011/05/30の宇宙開発戦略本部にて日本惑星科学会から
  「宇宙探査委員会による宇宙理学委員会の科学評価のバイパス」
  について懸念が示されている。
  また、2011/10/20に「はやぶさ2」のサイエンス部分について
  サポートすることを目的としたタスクフォースが立ち上がっている。
  (参照:宇宙開発委員会 推進部会配布資料
   「はやぶさ2」プロジェクトにおける科学コミュニティとの連携と
    サイエンスの全体像について)
  タスクフォースが立ち上がるという状況が意味するのは、
  理学目標設定について「火がつきそう」なのか「既に火がついている」のか?
  ※ざっと調べたのみですが、JAXA関連のタスクフォースには
   - CEOSタスクフォース:政府間地球観測グルーフとの関係に関して
      地球観測衛星委員会(CEOS)の構造及び運営の見直しに関する
      勧告を行うことを目的とする
   - 光赤天連SPICAタスクフォース:国内研究者コミュニティの意見を集約し
      提言しつつ、その運営を支援する中核   
   - ホイール信頼性向上タスクフォース:「はやぶさ」RW故障の原因調査
      ならびに将来のRW信頼性向上に向けての方策を明らかにする
   など。タスクフォースが常に悪い状況で立ち上がるかどうかは判断つかず。


【政治的な推進アピール材料】
・世界で例のない成果を出したのに(※)、それが発展できない(技術が継承されない)のは惜しい。
 天体探査は打上げタイミングがシビアなので2014-2015ウィンドウを逃すと
 世代交代してしまい技術継承が難しい。
 (惑星科学に限らない話として、科学者が「日本国内では研究できない」と考えたら
  海外に流れてしまう可能性が出てくる。
  経済、科学、技術って国の国際的な立場に影響する。生臭い話だけどね。)
 ※過去に地球外で得られた天体試料は
  アメリカが月とビルド2彗星、ロシア(旧ソ連)が月、日本がS型小惑星

・「はやぶさ」が世間に与えたインパクト
 仮にそれが学術的興味に因らない「奇跡の感動物語」というブームである(あった)としても、
 - エーザイの新中期戦略計画
 - 神奈川県相模原市のスーパーレスキュー隊
 - 鹿児島県肝付町の光ファイバー網
 - バスケットボール男女日本代表チーム
 - 和歌山県日高地方のグラウンド
 などが「はやぶさ」にあやかった名を冠している。
 あるいは映画が4本(全天周1本、実写3本)。
 あるいは音楽業界(甲斐恵美子、SOYUZ project、つるの剛士、清田愛未、
  新居昭乃、T-SQUARE、冨田勲、access、AZURE)。
 後継機と聞いた時の潜在的期待は高いのではないか?


【学術的な推進アピール材料】
・「はやぶさ」は工学実証が目的だった。つまりは実地試験。
 「実地試験でイレギュラーな方法で試料とれた。本番やらない」というのは問題。
 (実地試験で見つかったエラー潰して本番やるのがスジ)

・生命起源を辿るための計画的探査
 C型小惑星で炭素、P, D 型小惑星(あるいは枯渇彗星核)でアミノ酸が見つかるかも


動いているにせよ動いていないにせよ、沈黙させて下さい。ごめんなさい。
(「間口を狭める」のが怖いので、動いて当たり前のような雰囲気を作りたくないの)
ただ、動くなら
・できるだけ早く、できるだけ冷静な考えを、できるだけ簡潔に伝える
・他の何か/誰かを非難しない(論点がブレるため)
の2点が大事だと思います。

なお、2011/12/17に開催されたJAXAタウンミーティングにて、JAXAとしては「応援ウェルカム」という意識である由の発言があったとのこと。
→ 応援は決して、迷惑にはならない …翔べ!はやぶさ2! - 天燈茶房 TENDANCAFE

JAXA公式ツイッターアカウントが件の川口教授の文章を一度紹介し、後でその紹介ツイートを削除したという事実もある。為念。


感情だけ言うなら。
見たいに決まってるよ。だって私だよ。当たり前じゃないか。



【関連情報】
OSIRIS-Rex(NASA):
  打上げ予定2016/09
  滞在期間2019/09〜2021/02
  地球帰還2023/10
  (ソースはDSN関連ドキュメントですが、これ書いてる時点でアクセスできません)
宇宙&天文 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | by すばる
<< | 3/67PAGES | >>