スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | by スポンサードリンク
Eclipse!
2012/05/21、関東地方は金環日食になりました。
1月に「はやぶさ」カプセル展でお手伝いした千葉県立現代産業科学館はなんと駐車場が金環帯のド真ん中にあたるというロケーション。

駐車場に「ここが金環帯の中央です」というラインが引かれ、


金環食の説明模型も展示。この模型、右側の地球に穴があいていて、


覗き込むと


月が太陽を隠して金環が見えるようになっている。


というわけで絶好の立地だったのですが、残念ながら隣の建物が邪魔をして最大食までは駐車場から太陽が見えないという状況。
同時に千葉県もお天気がよろしくなさそうということで、「いざとなったら遠征」とレンタカーを借りた友人宅に数人で集合。
(レンタカー借りた人:guicheng さん
 集まった人:mitsuto1976さん、はくやさん、私)
ギリギリまで気圧配置やらGPV気象予報やらとにらめっこ。腹をくくって東京都青梅市で朝を待つ。

翌朝。高度15°以上はクリア。いける!
めいめい寝不足の目を擦りながら日食観察開始。


いくら日食グラスがあるとはいえ、あまり長時間の観測は目に悪い。
最大食以外はピンホールを活用する方向で。
07:29分頃の木漏れ日の様子。もうちょっとで最大食。


07:33分頃。金環。
※『星ナビ』別冊付録の遮光シート越しの撮影


07:52分頃。リッツの影で遊ぶ。写真をとった後はスタッフがおいしくいただきました(お約束)。



上が 07:36頃(金環中)、下が08:05頃撮影。少しだけ色温度が違うのがわかるかな。実際はもっとはっきりと色温度が違っていたのです。


日食の間はご近所の皆さんもめいめい外の様子を見に来られ、mitsuto1976さん、はくやさんはご自身の観望と同時にご近所の方々への突発レクチャーも精力的になさってました。GJ!
(guichengさんは望遠撮影に集中してらっしゃったのです)

食が終わったらもう全員「ねむい」と「おなかすいた」しか言わない状況。
遠方から参加した方もいるので(はくやさんは茨城県、mitsuto1976さんに至っては熊本県)ブランチをとったら早々に解散。多分みんな気絶したように眠ったんじゃなかろうか。
ともかく天気に恵まれて&事故なく観察できて本当に良かった。
皆さん、お疲れさまでした!



お詫び:本エントリの写真のEXIF情報にある時刻が見事にズレております。
    撮影前に時計はちゃんと合わせようねー………(涙)



【関連】
見えた!太陽のリング 〜金環日食2012〜 - 天燈茶房 TENDANCAFE
金環日食 - 超不定期雑記 はてな版
宇宙&天文 | permalink | comments(0) | trackbacks(1) | by すばる
宇宙酔2012春のお知らせ

宇宙酔2012春


はじめに

元「はやぶさ」AMICA PI の 齋藤潤さん再び!
昨年春にも登壇していただきましたが、一年ぶりの再登壇です。
齋藤さんは1985年の小惑星探査研究会にも参加していますので、当時の状況や小惑星探査プロジェクトの変遷、そしてなにより「はやぶさ」の成果について、主に理学面から語っていただきます。

齋藤さんが理学監修(と出演)をされた「はやぶさ/HAYABUSA」DVDボックス発売後でもありますので、映画に関連した話題も出そうです。

食べ飲みしながら皆で楽しく過ごせればと思います。


主催について

主催者はただの在野の宇宙好きです。
イベント運営やトークのプロによらない、自主的・非営利のイベントです。スムーズな運営に努めますが至らぬ点がありましたら本エントリ末尾の連絡先、または開催後に設置予定のアンケートフォームでご指摘下さい。


イベント概要


注意事項

  • 頂いた個人情報は本イベントの運営、今後のイベント告知、事後の連絡に使用し、他の目的には使用しません。

    • 今後のイベント告知が不要の方は、参加申込フォームの「今後の告知 不要」のチェックボックスにチェックを入れてください。頂いた情報を今回限りで破棄します。

  • 会場内は禁煙です。
    喫煙者(私もですが)の皆様、お煙草は受付カウンター横の非常口の外でお願い致します。
    (春なので風が強いです。火が飛ばないようにくれぐれもご注意を。)
  • イベント開催後にアンケートフォームを設置する予定です。次回(も開催したいと思っています)の運営の参考にしたく思いますのでご協力頂ければ幸いです。

参加申込はこちら




お問い合わせ先:宇宙酔運営


スタッフ:宇津巻竜也、大島佳世子、大貫剛、水牛、すばる、まこと。
ロゴ作成: 宮崎ドイツ





私は当日、受付やってまーす。
- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | by すばる
「はやぶさ 遥かなる帰還」見てきました
カテゴリは「映画」だなあ。

東映「はやぶさ 遥かなる帰還」見てきました。
はっきり言うと本作の宣伝には不愉快な印象を抱いていますが(率直に言うと「えげつねぇ、おとなげねぇ」。競合作品各社が「お互い頑張りましょう」というエールを送りあう姿勢をしてたのにガン無視ですからの)、本作自体は説得力のある良い映画です。
事実にそぐわない箇所(衛星運用上ありえないはずの描写とかこの当時はこの名前じゃない/これは存在しないとか)はあります。しかし映画として良い作品なので個人的にはそういう箇所を無視できました。
※私が「ツッコミ所を無視できる」というのは相当なことです

この作品を見る際、専門用語や「この場面で何をやっているのか」がわからなかったらスルーして物語に専念したほうが良いでしょう。それらを無視しても物語自体は十分に追えます。映画としてよくできていますから。

個人的に一番感銘を受けたのがロストの46日間の「報われない作業と精神的な疲労蓄積」の描写。
個人的にはリエントリのシーンよりもこのシーンに賞賛を送りたい。
あと、山崎努さんの演技がいい。爪が汚れてるという細かさもすごくいい。

ただし、間違っても本作を前提にした質問をリアル「はやぶさ」関係者にしないであげてほしいと思います(苦笑)。本作、「映画的リアリティ」は非常に高いのですが、リアル「はやぶさ」はぶっちゃけ「事実の通りに描けば描くほど嘘っぽい」ので(苦笑)。
※「リアル」かどうかで言えば本作よりFOX「はやぶさ/HAYABUSA」に軍配が上がります。特に宇宙研のノリの描写と宇宙科学に携わる者の難儀の面の描写で。映画作品としては本作に軍配かと。

でもこれだけは言いたい。先生、駅は反対方向です!(笑)

繰り返しますが映画としては実に良い作品です。
自分がなまじ復路からリアルタイムに「はやぶさ」を追っかけてたゆえに作品に酔えないのが残念なくらいにね。

【競合作品と比べて】
  • 「はやぶさ」それ自体に思い入れがある、または「はやぶさ」のミッション過程や成果に興味があるなら「HAYABUSA -BACK TO THE EARTH-」
  • 「はやぶさ」チームという人々に興味があるならFOX「はやぶさ/HAYABUSA」
  • 「映画として骨太な人間ドラマを楽しみたい」なら本作
をお薦めします。

【関連記事】
「はやぶさ」映画情報整頓
東映『「はやぶさ 遥かなる帰還」オフィシャルJAXAツアー』の代理取材してきました

【宇宙研は見学できます】
本作の主な舞台になっている宇宙研は見学可能です。詳細は ISAS | 相模原キャンパス見学案内 に譲ります。
ご興味のある方は毎年7月末に開催される特別公開にぜひ。実際の研究者さんたちがどんな方々なのかが(色んな意味で)よくわかります。本作のイメージ抱いて見に行くと愕然とすること請け合い(笑)。
※天文衛星各チーム、遠慮はいらないから思う存分やっちゃって下さい!
 色んな意味で宇宙研本流はあなたがただ!

【オマケ:競合作品感想】
『HAYABUSA - BACK TO THE EARTH -』観てきました
「はやぶさ/HAYABUSA」観てきました

【本作の専門用語や場面の意味を知りたい方は】
『はやぶさ、そうまでして君は』(川口淳一郎)
『飛べ!「はやぶさ」 小惑星探査機60億キロ奇跡の大冒険』(松浦晋也)
などを読まれるのが最短ルートです。
※『飛べ!「はやぶさ」』はローティーン向け
以前私が作った「はやぶさ本選択チャート」もお役に立てば良いのですが。(2011年夏以降に出た本は反映されていません)
映画・STAR WARS | permalink | comments(4) | trackbacks(1) | by すばる
「はやぶさ2」ポータルサイト進行中と聞いて(ガラッ)
皆さんこんばんは。今日は「はやぶさ2のアウトリーチ」に関するブレインストーミングを行ってきました。色々と野心的なアイデアが、若手からどんどん出されて非常にエキサイティングでした。「はやぶさ2ポータルサイト」も着々と準備中ですよ!(IES兄)

「はやぶさ2ポータル」には色々な人に楽しんで貰えるようなコンテンツをあれこれを考えています。「こんなことできる?」「こんなこと知りたいな」というアイデアがあれば、mentionを飛ばして下さい。出来そうなものは積極的に採用したいです。ご協力宜しくお願いします!(IES兄)


よっしゃ来たぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!

……というわけで。
「現実的に可能かどうか」を検討外にして(ごめんなさい)「見たいもの、ほしいものリスト」を書いてみる。
ごめんなさいついでに、あくまで「私が」見たいものなので子供さん対象については考えてません。

基本方針としては「居住地域による情報格差が極力避けられるように」。


  • 情報の一元化
    (先代はJAXAサイト内でも複数のサイトがあるような感じになっており「どこを見れば最新情報が得られるのか」がわかりにくかった)
  • 英語での情報発信の充実(unmannedspaceflight.com も力強いサポーターです)
  • フライトモデルの詳細な写真
    (ファン創作や模型製作資料として)
  • 距離と方角
    (できれば太陽固定慣性系の軌道図と、星図の中に「今このへん」と図示されたものの2種)
  • 講演・イベント情報
  • 特別公開などで掲示されるパネル・ポスターの画像/PDFファイル
    (過去、遠方の人は行けた人が掲載した写真を読むしかなかったため。カプセル展示でもパネルを指して「こういう資料はどこで見られる?」という質問あり)
  • パブリックドメインな画像、動画素材
    (今までの応援動画って著作権法的にはクロなケースが多いので……)
  • ターゲットマーカに載せる名前/メッセージの募集
  • 継続的な情報発信
    (日常の運用で使う用語の紹介5行とか、そういうレベルで十分。とにかく途切れさせないこと)
  • 運用の中継、オンライン番組(コメントなどにより視聴者との双方向性対話があると嬉しい)
  • 関係者メッセージなど、「個々人」が見えるようなコンテンツ
    (「中の人」という抽象的認識と「○○先生」という具体的認識とでは意識が変わる。あくまで私の例ですが)
  • 打上げ日までのカウントダウン&打上げ日からのカウントアップ(ならびに航行距離かΔv)
  • (子供さんがいるご家庭向け?)打上げ、小惑星到着、小惑星離脱、帰還のそれぞれの時期の写真の募集
    (実運用上、募集はプライバシー観点上難しい話。チームの集合写真のほうがいいかな?)
  • 参考書ガイド(子供向けから大人向けまで広い範囲で)
  • 特別公開スタッフTシャツ(or 販売Tシャツ)デザインコンペ
    T-SELECT みたいな感じでデザイン投稿&投票を開放して行う。ネタ画像が一位とっても泣かない。
  • 音楽で同じことやってコンピレーションアルバムも作れる。
    が、かつて「JAXAのテーマソング」募集で同じことやった際は後にその曲が活用されなかったという苦い過去。
    (「かぐや」のテーマソングもそうだったね)
  • 「名前だけスーパーバイザー」
    下らないけど、運用室に自分の名前が置いてあったら楽しいなと。
    例えば日替わりとか週替わりで運用室の卓上にファンの名前が置いてあって、「今週のはやぶさ2(仮)」みたいなページに「今週の E/PO スーパーバイザー」として名前が掲載されるの。
    運用記録に載っちゃったりしたら私はその記載された日を忘れないね。
    (ただし、これをやる場合は「その日/週の運用概要」も出さなきゃならないので現場負担が大きい)


(多分追記する)
宇宙&天文 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | by すばる
次への、1つの区切り。
【2012/01/24】
この日配信された ISASメールマガジンは細田聡史氏(IES兄さん)による「はやぶさ鉄道換算・完結編」。
01/31(火)にアーカイブされると思われます。

同日発表されたのがこれ:
JAXA|「はやぶさ」サンプル国際研究公募の実施について

「はやぶさ」ミッションで得られた小惑星イトカワ試料のカタログができあがり、国際研究公募フェーズに。
初期分析段階でも「Science」で特集が組まれたので、今回の国際研究でも山のような成果が出そうです。
とはいえ、これからはかなり専門的な分野の話となるし解析&成果発表も「今後数年」というスパンになるのかな。


【01/25】
この日の宇宙開発委員会にて「はやぶさ2」が「開発フェーズ」入りしたとの報道。
現時点では議事録はまだ出ていませんが

と、異なるソースから同一の内容が出ていることから報道は事実と見て良いでしょう。


【01/26】
鳥取県GJ!イトカワ試料のリアルタイム映像が公開!
時事ドットコム:イトカワの微粒子、一般初公開=2月に2日間、鳥取・倉吉で
抽選で当たると、岡山大地球物質科学研究センター(鳥取県三朝町)の電子顕微鏡を会場から遠隔操作できる。映像はスクリーンに映し出され、来場者全員が微粒子を観察できる。



個人的に、この3日間のニュースで「1つの区切りがついた」と思います。
「はやぶさ」の成果は「観測データの科学解析」「工学」から「モノの科学分析」へ。
そして「はやぶさ」の後継ミッションが正式にGo。
「はやぶさ」で得た広報、教育面成果もさらに発展させていってほしいと思います。
(訳:外野にとっちゃ広報が頼みの綱なのですよー)


「はやぶさ」は色々とドラマティックすぎたし、私自身も感情過多気味だった自覚があります。
「はやぶさ2」はできるだけ淡々と進んで欲しい。私自身は「崇拝ではなく冷静な理解と応援」ができればいいな。
宇宙&天文 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | by すばる
武豊町「はやぶさ」実物大解説用模型製作チーム談話(3〆)
武豊はやぶさ実行委員会の実物大解説用模型製作ドキュメンタリその3。

製作指揮をとられたMさんに頂いたメールをご本人の許可を得て転載しています。
続きを読む >>
宇宙&天文 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | by すばる
武豊町「はやぶさ」実物大解説用模型製作チーム談話(2)
武豊はやぶさ実行委員会の実物大解説用模型製作ドキュメンタリその2。

製作指揮をとられたMさんに頂いたメールをご本人の許可を得て転載しています。
続きを読む >>
宇宙&天文 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | by すばる
武豊町「はやぶさ」実物大解説用模型製作チーム談話(1)
千葉県立現代産業科学館特別展では武豊はやぶさ実行委員会から実物大解説用模型をお借りして展示&解説に活用させて頂きました。
その際、個人的に問い合わせたい由があって模型製作指揮をとられたM氏(お名前出していいか確認とり忘れたのでイニシャルで失礼)に連絡。
問い合わせについてのお答えと一緒に「実物大解説用模型製作ドキュメンタリ」も頂いた次第。
「これ、私一人で楽しむのは勿体ないです。私のブログに上げてもいいですか?」
「構いませんよ」
というやりとりがありまして、下記に転載させて頂きます。

テキストのみで 41 kBありますので、複数に分けての掲載となる点、ご了承下さい。
続きを読む >>
宇宙&天文 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | by すばる
宇宙酔2012新春のお知らせ

宇宙酔2012新春


はじめに

「はやぶさ」をはじめとして、数々の人工衛星を手がけてきたNEC航空宇宙システム。
この会社は衛星本体の制作だけではなく、メーカーの立場から運用にも深く関わっています。
中でも今回ゲストにお迎えする小笠原雅弘さんは、「さきがけ」「すいせい」の頃から実に30年近くも太陽系探査の仕事に従事されてきました。
ご専門の軌道制御などについてお伺いできるかと思います。

食べ飲みしながら皆で楽しく過ごせればと思います。


主催について

主催者はただの在野の宇宙好きです。
イベント運営やトークのプロによらない、自主的・非営利のイベントです。スムーズな運営に努めますが至らぬ点がありましたら本エントリ末尾の連絡先、または開催後に設置予定のアンケートフォームでご指摘下さい。


イベント概要


  • 日 時:2012/01/28(土) 18:30〜20:30(開場18:00)
  • 場 所:パーティスペース Roman
    東京都文京区湯島 3-40-7 5F [地図]
    JR御徒町駅:徒歩3分
    地下鉄銀座線/大江戸線:上野広小路駅(A4出口) 徒歩1分
    JR御徒町駅からステップバイステップによる会場までの行き方
  • ゲスト:小笠原雅弘(NEC航空宇宙システム)
  • 司 会:guicheng
  • 会 費:¥4,000(飲食代込み ※飲み放題)
  • 定 員:35名
  • 二次会:21時より希望者のみで 七福ろう 上野御徒町店 にて。 飲食代別(その場で注文するスタイル。3000円程度)
  • 中 継:今回は中継を行いません、ごめんなさい。
  • その他:今回は録音・撮影禁止になります、ごめんなさい。個人的にメモをとるのはOKです。

注意事項

  • 頂いた個人情報は本イベントの運営、今後のイベント告知、事後の連絡に使用し、他の目的には使用しません。

    • 今後のイベント告知が不要の方は、参加申込フォームの「今後の告知 不要」のチェックボックスにチェックを入れてください。頂いた情報を今回限りで破棄します。

  • 会場内は禁煙です。
    喫煙者(私もですが)の皆様、お煙草は受付カウンター横の非常口の外でお願い致します。
    (屋外なのでめっちゃくちゃ寒いです。お覚悟を。)
  • イベント開催後にアンケートフォームを設置する予定です。次回(も開催したいと思っています)の運営の参考にしたく思いますのでご協力頂ければ幸いです。

参加申込はこちら




お問い合わせ先:guicheng

  • mail: spacedrunk2011[at]gmail.com
  • Twitter: @guicheng

スタッフ:宇津巻竜也、大島佳世子、大貫剛、すばる、まこと。
ロゴ作成: 宮崎ドイツ





私は当日、受付やってまーす。
宇宙&天文 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | by すばる
東映『「はやぶさ 遥かなる帰還」オフィシャルJAXAツアー』の代理取材してきました
当該ツアー、私は落選していたのですが急遽「代理取材」ということに。
「岩日誌」の岩本塚さんが事情により参加できなくなるというアクシデントが発生したのです。
というわけで、取材成果は(文章・画像の著作権含めて)本来行かれるはずだった岩本塚さんに譲渡させていただきました。

→ 『「はやぶさ 遥かなる帰還」オフィシャルJAXAツアー』に行ってきてもらった!(←?) - 岩日誌
宇宙&天文 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | by すばる
<< | 3/67PAGES | >>